「レンブラント光線」雲の切れ間から太陽光線が放射状へ降り注ぐ現象「薄明光線」

097esWSfVG
雲の切れ間から太陽光が柱の
ように放射状に地上に降り注いで
見える現象のことを、ある画家の
名前を用いて何という?
ミケランジェロ光線
ダ・ヴィンチ光線
ルーベンス光線
レンブラント光線(答)

txSZNHH
引用元:ファイル:Angel’s-stairs.jpg – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Angel%27s-stairs.jpg

031uOnOzNxJHI
16世紀から17世紀にかけて
ヨーロッパで広まった
ルーベンスやレンブラントなど
に代表される美術様式は?
ヘレニズム
バロック(答)
ロココ
ロマネスク
引用元:ゴシック様式(ゴート人の)「ランス大聖堂」「アミアン大聖堂」「ケルン大聖堂」「シャルトル大聖堂」 バロック様式(歪んだ真珠)「サン・ピエトロ大聖堂」「ベルサイユ宮殿」 ロココ様式(ロカイユ模様)「サンスーシ宮殿」 | わかればいいのに I wish I knew http://seethefun.net/%E6%96%87%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E5%95%8F/14739/

薄明光線(はくめいこうせん、英語: crepuscular rays)は、太陽が雲に隠れているとき、雲の切れ間あるいは端から光が漏れ、光線の柱が放射状に地上へ降り注いで見える現象の俗称。通常とは逆に、雲の切れ間から上空に向かって光が出ることもある。おもに、地上から見た太陽の角度が低くなる早朝や夕方に見られる。美しい自然現象だとして、写真撮影への人気も高い。
>「薄明光線」のほか、別名が多数ある。気象現象としては「薄明光線」、一般的には「天使の梯子」がよく知られている名称。
天使の梯子、天使のはしご(てんしのはしご、angel’s ladder)
天使の階段(angel’s stairs, angel’s stairway)
ヤコブの梯子、ヤコブのはしご(Jacob’s ladder)
レンブラント光線
また、単に光芒と呼ぶこともある。
ヤコブの梯子、天使の梯子という名称は、旧約聖書創世記28章12節に由来する。この記述では、ヤコブが夢の中で、雲の切れ間から差す光のような梯子が天から地上に伸び、そこを天使が上り下りしている光景を見たとされる。このことからやがて自然現象もそのように呼ばれるようになった。
レンブラント光線という名称は、レンブラント・ファン・レインがこれを好んで描いたことに由来する。その結果、絵画表現上においては、コントラストが強くなり、光の当たる部分と闇の部分との対比を強調され非日常的な雰囲気や宗教的な神々しさを表現することに成功した。
引用元:薄明光線 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%96%84%E6%98%8E%E5%85%89%E7%B7%9A

レンブラント・ハルメンス・ファン・レイン(Rembrandt Harmensz. van Rijn、1606年7月15日 – 1669年10月4日)は、17世紀を代表する、ネーデルラント連邦共和国(オランダ)の画家。たんにレンブラントと呼ばれることも多い。大画面と明暗を画面上に強く押し出した技法を得意とし[1]、「光の画家」「光の魔術師」(または「光と影の画家」「光と影の魔術師」)の異名をもつ[2]。人物画の黒々とした瞳が特徴。油彩だけでなく、エッチングや複合技法による銅版画やデッサンでも数多い作品を残した。絵画「夜警」はレンブラントの代表作として著名である。また、生涯を通じて自画像を描いたことでも知られる。これらは、その時々の彼の内面までも伝えている。なお、オランダ政府観光局による片仮名表記はレンブラント・ファン・ラインとなっている[3]。
>画法[編集]
光と影を創り出す技法[編集]
ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジオの光と影を用いる演劇的表現であるキアロスクーロ、もしくはユトレヒト・カラヴァッジョ派(英語版)の影響を色濃く受けつつも、それらを自らの技法として昇華した[64]レンブラントは「光の魔術師」と呼ばれ、その異名が示す通り光をマッス(塊)で捉えるという独特の手法を編み出した[14]。油彩では、仕上げ前の段階で絵全体に褐色など暗い色のグレーズ[要曖昧さ回避]をかけ、光が当る部分を拭き取る手法を用いた[65]。
引用元:レンブラント・ファン・レイン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%B3

レンブラントライト(レンブラント光線) 【Rembrandt Lighting】
レンブラントライト(レンブラント光線) 【Rembrandt Lighting】とは、写真や絵画で用いられる採光方法のひとつです。代表的なのは人物の顔の陰影でしょう。モデルの斜め上から光を当て、光源と反対側の頬にできる美しい逆三角形のハイライトが特徴です。鼻の影と頬骨の影が逆三角形を描くよう光源を調整するのですが、顔の個性を観察して精密な調整を行う必要があります。人物を立体的に表現するのに最も有効なライティングのひとつであると言われており、中世絵画から現代のポスターまで、多くの画家や写真家に採用されています。 はっきりした光と影のコントラストが特徴のレンブラントライトは、顔だけにとどまらず、作品全体に劇場的な効果をもたらします。17世紀に活躍した画家のレンブラントが好んで用いた採光方法のため、この名称で呼ばれるようになりました。対照的に、全体に柔らかな間接光を満たして神秘的な空間を表現する採光方法は、フェルメールライトと呼ばれています。
引用元:レンブラントライト(レンブラント光線) 【Rembrandt Lighting】 | モデル/エキストラ事務所 プライムプロモーション http://prime-promotion.jp/blog/yougo/%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%88%EF%BC%88%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%88%E5%85%89%E7%B7%9A%EF%BC%89-%E3%80%90rembrandt-lighting/