ヴィンチェンツォ・「ラグーザ」 工部美術学校彫刻科教師 清原玉と結婚

086zSTVdRe
明治時代に来日し、工部美術学校
で教えたイタリアの彫刻家で
女流画家・清原玉を妻に持った
ことで知られるのは?
ザンラガリ
ルーグモフ
ラグーザ(答)
Vincenzo Ragusa

ヴィンチェンツォ・ラグーザ(Vincenzo Ragusa, 1841年7月8日-1927年3月13日)はイタリアの彫刻家。シチリア島のパレルモ郊外パルタンナ・モンデルロに生まれた。幼いころより絵画に興味をもち、1865年に本格的に彫刻をはじめた。1872年、ミラノで開かれた全イタリア美術展に石膏作品「装飾暖炉」を出品、最高賞である「ウンベルト殿下賞」に輝いた。1876年(明治9年)に明治政府に招かれて来日し、1882年(明治15年)まで工部美術学校で彫刻指導にあたった。教え子に大熊氏廣(1856年-1934年)や藤田文蔵(1861年-1934年)がいる。妻は、江戸芝新堀生まれで画家の清原多代(ラグーザ玉、エレオノーラ・ラグーザ)である。離日後、ラグーザはお玉を連れてシチリア島パレルモに帰り、そこで工芸学校を創立して校長となった。お玉はラグーザ死去後に日本に帰った。
引用元:ヴィンチェンツォ・ラグーザ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%83%84%E3%82%A9%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%82%B0%E3%83%BC%E3%82%B6

ラグーザ・玉(-たま、1861年7月17日(文久元年6月10日) – 1939年(昭和14年)4月6日)は、日本の女性画家。旧姓清原[1]、幼名多代[2]。ラグーザお玉とも表記される。また西洋名はエレオノーラ・ラグーザ(Eleonora Ragusa)[3]。夫は彫刻家のヴィンチェンツォ・ラグーザ[1]。
>1861年7月17日(文久元年6月10日)、江戸に生まれた[1]。
幼名を多世(たよ)といい、自ら多代とも記した。若い頃から「エイシュウ」という人に師事したといわれ日本画、西洋画を学んだ。永寿と号す。1877年、工部美術学校で教鞭をとっていた彫刻家のヴィンチェンツォ・ラグーザと出会い、西洋画の指導を受けた[2]。また玉はヴィンチェンツォの作品のモデルも務めた[1]。
1880年にヴィンチェンツォと結婚。2年後の1882年に、夫婦でイタリアのパレルモに渡行し、パレルモ大学美術専攻科に入学[1]、サルバトーレ・ロ・フォルテに師事した[2]。1884年には、ヴィンチェンツォがパレルモに工芸学校を開設し、玉は絵画科の教師を務めた[2]。
引用元:ラグーザ玉 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%82%B0%E3%83%BC%E3%82%B6%E7%8E%89

工部美術学校(こうぶびじゅつがっこう)は、日本最初の美術教育機関であり、工部省の管轄である「工部大学校」の付属機関として設置された。1883年に廃校。
設置された学科は「画学科」「彫刻科」の二科である。純粋な西洋美術教育のみの機関であり、日本画や木彫は行われなかった。当時の「美術」が近世以前の日本文化を含んでいないこと、また、工部省が設置したことからも、日本の近代化に必要な技術として絵画・彫刻が捉えられていたことが伺える。なお、造家学科(建築科)は工部大学校に設置されていた。また、殖産興業の一環としての輸出工芸も美術の枠組みには含まれていない。
>1876年(明治9年)、工部大学校の附属機関として「工部美術学校」が設置された。西欧文化の移植として当然お雇い外国人が起用されたが、全てイタリア人であった。美術の先進国として認知されていたフランスではなく、ルネサンス美術の中心地であるイタリアから招聘された点が興味深い。
画学科をアントニオ・フォンタネージ、彫刻科をヴィンチェンツォ・ラグーザが担当し、また二人と一緒に招聘されたヴィンチェンツォ・カペレッティが装飾図案、用器画を担当した(カペレッティは参謀本部庁舎の設計を手がけるなど工部大学校の建築科にも関わっていたと考えられている)。工部美術学校に入学した生徒は、総数でも60名を超えないと考えられている。
引用元:工部美術学校 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B7%A5%E9%83%A8%E7%BE%8E%E8%A1%93%E5%AD%A6%E6%A0%A1