「ウガリット」シリア西部の古代都市 「ウガリット神話」カナン神話の原型とも 「カナン」古代の地名「約束の地」聖書「乳と蜜の流れる土地」 「エステル記」旧約聖書の一書・ペルシア王クセルクセス王妃

084gSMwMQJ
かつて現在のシリア西部に
存在した古代都市国家です
ウガリット(答)
Ugarit

CIMG3549EPtVjKiBlHpq
聖書では「乳と蜜の流れる土地」
と描写されている、神様が
アブラハムの子孫に与えると
約束した土地を何という?
デカナエ
マンイラ
カナン(答)
Canaan

CIMG0500SVxlAfswNCRN
アケメネス朝ペルシアの王
クセルクセス1世の王妃で
旧約聖書における歴史物語の
題名にもなっているのは?
メンネケー
スカテエル
エステル(答)
「エステル記」

134RPPxJKF
次のうち
旧約聖書に収められている
正典を全て選びなさい
エレミヤ書(答)
サムエル記(答)
ルカ福音書
レビ記(答)
エゼキエル書(答)
創世記(答)
出エジプト記(答)
マタイ福音書
ヨハネの黙示録
引用元:旧約聖書の正典「福音書」「黙示録」ではないもの 「モーセ五書」旧約聖書5つの書『創世記』『出エジプト記』『レビ記』『民数記』『申命記』 「セム」「ハム」「ヤペテ」ノアの息子 「メトセラ」『創世記』に登場する長寿者 | わかればいいのに I wish I knew http://seethefun.net/%e6%96%87%e7%b3%bb%e5%ad%a6%e5%95%8f/16478/

119cXoncfmEmr
次のうち
「インド・ヨーロッパ語族」に
含まれる言語を全て選びなさい
チェコ語(答)
タミル語 トラヴィダ語族
日本語 日本語族?アルタイ語族?

ウルドゥー語(答)
ペルシャ語(答)
英語(答)
ギリシャ語(答)
アラビア語 セム語族
引用元:インド・ヨーロッパ語族「ウルドゥー語」「チェコ語」「ペルシャ語」「英語」「ギリシャ語」 | わかればいいのに I wish I knew http://seethefun.net/%e7%a4%be%e4%bc%9a/9475/

ウガリット(ウガリット語: ugrt [ugaritu]、英: Ugarit)は、地中海東岸、現在のシリア・アラブ共和国西部の都市ラス・シャムラ(رأس شمرة、Ras Shamra、ラタキアの北数km)にあった古代都市国家。当時の国際的な港湾都市であり、西アジアと地中海世界との接点として、文化的・政治的に重要な役割を果たしたと考えられている。紀元前1450年頃から紀元前1200年頃にかけて都市国家としての全盛期を迎えた。この遺跡から見つかった重要な文化には、独自の表音文字・ウガリット文字と、ユダヤ教の聖書へとつながるカナン神話の原型ともいえるウガリット神話集がある。
>ウガリットは青銅器時代の末期、紀元前1200年ごろ、「海の民」の侵入によって破壊された。ウガリット遺跡のうち、街の破壊の跡が残る層からはヘラディック期(古代ギリシャの青銅器時代)後期IIIBの土器(Late Helladic IIIB)が発見されているが、ヘラディック期後期IIIC(ミケーネ文明)の土器は発見されていない。
>ウガリットから発見された文書は、紀元前1400年頃にウガリット文字が生まれたことを示している。これは楔形文字をもとにしたもので粘土板に葦の茎を押し付けて書かれるが、表意文字として使われるシュメール語などの楔形文字とは異なり、母音を表示せず子音のみを表す表音文字(アブジャド)であり字数も合計30文字しかない。
現在のアルファベットの起源となるフェニキア文字(原カナン文字・原シナイ文字、さらにはエジプトのヒエログリフをもとにしている)が先に生まれたのか、ウガリット文字が先に生まれたのかについては議論がある。
引用元:ウガリット – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%AC%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88

カナン、あるいはカナアン(ヘブライ語: כנען‎ Kənā‘an クナーアン、英語:Canaanケイナン)とは、地中海とヨルダン川・死海に挟まれた地域一帯の古代の地名である。聖書で「乳と蜜の流れる場所」と描写され、神がアブラハムの子孫に与えると約束した土地であることから、約束の地とも呼ばれる。現代のカナンに関する知識の多くは、1928年に再発見された都市ウガリットの発掘調査によってもたらされた。
引用元:カナン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%8A%E3%83%B3

『エステル記』(Megillat Esther)は、旧約聖書の中の一書。ユダヤ教の分類では「諸書」の1つ、キリスト教では一連の歴史物語の最後に置かれる。外典にもギリシア語版があり、更に詳細な内容となっている。
メギラーは巻物のことであるが、単にメギラーという場合はこの『エステル記』を指す。ユダヤ教聖書では1巻の巻物になっており、プーリムの祭りの際にシナゴーグで読まれる。エステルの勇気によってユダヤ人が救われたことを祝うのが、ユダヤ教のプーリムの祭りである。
ペルシャ王の后となったユダヤ人女性エステルの知恵と活躍を描くこの書は、その主人公的役割を演ずるエステルの名をもって『エステル記』と呼ばれる。聖書中、女性の名が書名として用いられているのは、『ルツ記』と『エステル記』のみである。
引用元:エステル記 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AB%E8%A8%98