楠木正行 くすのきまさつら 「四條畷(なわて)の戦い」

019RZaImaAEbj
四條畷の戦いで戦死した
南北朝時代の武将
楠木正行
くすのきまさつら

楠木正行
>楠木 正行(くすのき まさつら)は、南北朝時代の武将。楠木正成の嫡男。「大楠公」と尊称された正成に対して「小楠公(しょうなんこう)」と呼ばれる。初名は正之(まさより、まさこれ)と伝わる。父の意志を継ぎ、足利尊氏と戦った。
>正平3年/貞和4年(1348年)に河内国北條(現在の大阪府四條畷市)で行われた四條畷の戦い(四條縄手)において足利側の高師直・師泰兄弟と戦って敗北し、弟の正時と共に自害した(享年に関しては諸説がある)。
ウィキペディア
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A5%A0%E6%9C%A8%E6%AD%A3%E8%A1%8C

行の意味や読み,行を含む男の子の名前
>あきら  き  たか  つら  のり  ひら  みち  もち  やす  ゆき 
みんなの名前辞典
http://coreblog.org/naming/boys/c_884c.html