『ガリバー旅行記』訪問国順「リリパット」「ブロブディンナグ」「ラピュタ」「バルニバービ」「ラグナグ」「グラブダブドリブ」「日本」「フウイヌム」

056NRKmFsJ
次の国を
小説『ガリバー旅行記』で
ガリバーが訪れた順に
順に選びなさい
リリパット
ブロブディンナグ
ラピュタ
バルニバービ
ラグナグ
グラブダブドリブ
日本
フウイヌム

「ガリバーブラつくバラック日本の風流」

CIMG4538pTwBjHBtJYFX
小説『ガリバー旅行記』に
登場する馬の国は?
フウイヌム(答)

○×
小説『ガリバー旅行記』の中でガリバーは日本を訪れている
○(答)

『ガリヴァー旅行記』(ガリヴァーりょこうき、英: Gulliver’s Travels)は、アイルランドの風刺作家ジョナサン・スウィフトにより、仮名で執筆された風刺小説である。原版の内容が大衆の怒りを買うことを恐れた出版社により、大きな改変を加えられた初版が1726年に出版され、1735年に完全な版が出版された。正式な題名は、『船医から始まり後に複数の船の船長となったレミュエル・ガリヴァーによる、世界の諸僻地への旅行記四篇』 (”Travels into Several Remote Nations of the World, in Four Parts. By Lemuel Gulliver, First a Surgeon, and then a Captain of several Ships”)である。
>第一篇 リリパット国渡航記[編集]
1699年5月4日 – 1702年4月3日
リリパット国とブレフスキュ国は、ガリヴァーによる空想の冒険譚の第一篇に関わる国々である。
>リリパット国の社会と政治体制は18世紀のイギリスを表現している。英国と同様に、トーリー党を表す「高踵党」と、ホイッグ党を表す「低踵党」の二つの政党が存在する。

第二篇 ブロブディンナグ国渡航記[編集]
>1702年6月20日 – 1706年6月3日
第二篇では、ガリヴァーはあらゆる物が巨大な、巨人の王国ブロブディンナグ国に上陸する。
>ブロブディンナグ国の国王もこの奇妙な生物に関心を抱き、イギリスの社会、戦争、司法、金融制度に関わるあらゆる事柄をガリヴァーから聞き出す。国王に詳細な質問を行わせることで、スウィフトは大英帝国の諸問題を露わにし、イギリスで施行されていた政策に批判を加えている。

第三篇 ラピュータ、バルニバービ、ラグナグ、グラブダブドリッブおよび日本への渡航記[編集]
>1706年8月5日 – 1710年4月16日
第三篇を占めるラピュータ、バルニバービ、ラグナグ、グラブダブドリッブおよび日本は、学究生活と科学とその他の諸々の事柄を風刺している。ラピュータで扱われているテーマは王立協会への痛烈な風刺と、更にはニュートンへの皮肉であったと広く考えられている。

第四篇 フウイヌム国渡航記[編集]
1710年9月7日 – 1715年12月5日
最終篇であるフウイヌム国渡航記は、平和で非常に合理的な社会を持つ、高貴かつ知的な馬の種族に関して述べた物語である。馬の姿をした種族フウイヌムは戦争や疫病や大きな悲嘆を持たず、エリート主義的かつ官僚的で創造性に欠けた、厳密な種族的カースト制度を保持している。この制度は話法や風習、外見において、イギリスの貴族制を風刺している。
引用元:ガリヴァー旅行記 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AC%E3%83%AA%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%BC%E6%97%85%E8%A1%8C%E8%A8%98

約160店の古書店が集まるなど、「世界一の本の街」と呼ばれる東京・神田神保町。そこには古今東西、様々なジャンルの本が揃う。普段は店頭に並ばない「お宝本」を巡った。

 ここで紹介するのは、ジョナサン・スウィフト『ガリバー旅行記』(1726年)の初版初刷だ。価格は上下2冊揃いで550万円となっている(崇文荘書店)。
pNRmRXT
引用元:18世紀の『ガリバー旅行記』 神保町に稀少な初版初刷が存在│NEWSポストセブン http://www.news-postseven.com/archives/20151013_355187.html?PAGE=1