『ガン病棟』ソルジェニーツィン 心不全で死去 1970ノーベル文学賞

086KRsWGjB
小説『ガン病棟』を書いた
作家ソルジェニーツィンは
ガンでこの世を去った
✕(答)
◯「心不全」

文字パネル
ロシアの作家ソルジェニーツィンの小説「ガン病棟」に登場するマースレニコフ博士が発見したガン治療薬の名前は?
チャーガ(答)

アレクサンドル・イサーエヴィチ・ソルジェニーツィン(ロシア語:Александр Исаевич Солженицынアリクサーンドル・イサーイェヴィチュ・サルジニーツィン;ラテン文字転写の例:Alexandr Isaevich Solzhenitsyn、1918年12月11日 – 2008年8月3日[2])は、ソビエト連邦の作家、劇作家、歴史家。1990年代ロシア再生の国外からの提言者である。ロシア文字からそのままローマ字にするとAleksandr〜だが、英文ではAlexander〜と表記されることが多い。ソビエト連邦時代の強制収容所・グラグを世界に知らせた『収容所群島』や『イワン・デニーソヴィチの一日』を発表し、1970年にノーベル文学賞を受賞。1974年にソ連を追放されるも、1994年に帰国した。
>1953年3月、8年の刑期を終え1箇月が経ったとき、釈放されずにカザフスタン北東部への永久流刑が決定。当時の政治犯にとっては一般的な刑罰だった。同年末までに診断未確定であった癌が進行し死線を彷徨うが、翌年タシケントの癌病棟での治療が許可され、腫瘍の進行は小康状態となった。そこでの経験は『ガン病棟』の執筆の基礎となり、短編『右手』にも影響を与えている。
>死[編集]
ソルジェニーツィンは2008年8月3日にモスクワの自宅で心不全のため死去した[27][28]。89歳没。葬儀は2008年8月6日の水曜日にドンスコイ修道院で行われ[29]、同日埋葬された[30]。ロシアおよび世界の要人が彼の死に弔意を表した[31]。
引用元:アレクサンドル・ソルジェニーツィン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%BD%E3%83%AB%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%83%84%E3%82%A3%E3%83%B3

 「ガン病棟」は1955年2月初旬(上巻)と同年3月上旬(下巻)を時代にする。これはスターリンの没後2年。すでに1953年12月ベリア銃殺、1955年マレンコフ辞任(あと最高裁判事の全員更迭があったと作中で延べられる)のあと。翌年にフレシチョフノの「スターリン批判」演説がある。とりあえずこれくらいの背景があることを確認しておこう。
>まあ、以上はメタフォリックな類似であって、病院システムが収容所そのものであると考えるのは間違いなので念を押しておく。この小説は現代医療の忌避を主題にしていないからね。そうではなくて、収容所に象徴される監視と権威の社会の病理を似たような環境の病院を舞台に描いたことが重要。
引用元:アレクサンドル・ソルジェニーツィン「ガン病棟 上」(新潮文庫) – odd_hatchの読書ノート http://d.hatena.ne.jp/odd_hatch/20131118/1384731893