『ブレス』ベケットの上演時間30秒の異色作品 『ゴドーを待ちながら』登場人物「ウラジミール」「エストラゴン」

067pgbyHux
上演時間がわずか30秒しかない
という世界で最も短い演劇作品
『ブレス』の作者である
ノーベル賞作家は?
グラツィア・デレッダ
ヘルマン・ヘッセ
モーリス・メーテルリンク
サミュエル・ベケット(答)

文字パネル
上映時間がわずか30秒しかないフランスの劇作家サミュエル・ベケットが書いた、世界で最も短い演劇作品は?
ブレス(答)

980ORPKVNT
次のうち、ベケットの戯曲
『ゴドーを待ちながら』で
ゴドーを待ち続ける人物を
1つ選びなさい
ウラジミール(答)
フランシス
エストラゴン(答)
クリスチャン
ペテロ
ジェイコブ

CIMG6692
チェコ生まれのイギリスの劇作家
トム・ストッパードの代表作は
『ローゼンクランツと
◯◯◯◯◯◯◯◯は死んだ』?
デタンーギルンス
ギルデンスターン(答)
『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』

CIMG7293NiDWmkEKeIhN
次の出来事を戯曲
『ロミオとジュリエット』
の作中で起こるのが
早い順に選びなさい
舞踏会で2人が出会う
2人で結婚式を挙げる
ロミオがティボルトと決闘
ロミオ、マンチュアへ旅立つ
ジュリエット仮死状態になる
ロミオ、パリスを殺す
ロミオが毒を飲んで死ぬ
ジュリエットが自殺する

順番当て
次の出来事をシェークスピアの戯曲『ハムレット』の作中で起こるのが早い順に選びなさい
クローディアスと王妃が結婚
ハムレットがポローニアスを殺害
オフィーリアが溺死
ガートルードが死亡
レイアティーズが死亡
クローディアス死亡
引用元:デズデモーナ『オセロ』 『ロミオとジュリエット』出来事順「結婚式」「決闘」「仮死」「毒死」「自殺」 | わかればいいのに I wish I knew http://seethefun.net/%e6%96%87%e7%b3%bb%e5%ad%a6%e5%95%8f/6064/

『息』(Breath)とは、劇作家サミュエル・ベケットによる戯曲。副題は「五幕の茶番劇」。ブロードウェイのイーデン劇場で初演された。
>上演時間わずか30数秒。舞台上にはがらくたが散乱しているだけで、演技をする役者も出て来なければ台詞ひとつないという異色中の異色の演劇。
>なお、劇のカギとなる『叫び声』であるが、英文学者である高橋康成によると赤ちゃんが生を受けた時に発する【産声】を意味しているそうである。
引用元:息 (ベケット) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%81%AF_(%E3%83%99%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88)

『ゴドーを待ちながら』(En attendant Godot)とは、劇作家サミュエル・ベケットによる戯曲。副題は「二幕からなる喜悲劇」。1940年代の終わりにベケットの第2言語であるフランス語で書かれた。初出版は1952年で、その翌年パリで初演。不条理演劇の代表作として演劇史にその名を残し[1]、多くの劇作家たちに強い影響を与えた。
>『ゴドーを待ちながら』は2幕劇。木が一本立つ田舎の一本道が舞台である。
第1幕ではウラディミールとエストラゴンという2人の浮浪者が、ゴドーという人物を待ち続けている。2人はゴドーに会ったことはなく、たわいもないゲームをしたり、滑稽で実りのない会話を交わし続ける。そこにポッツォと従者・ラッキーがやってくる。ラッキーは首にロープを付けられており、市場に売りに行く途中だとポッツォは言う。ラッキーはポッツォの命ずるまま踊ったりするが、「考えろ!」と命令されて突然、哲学的な演説を始める。ポッツォとラッキーが去った後、使者の少年がやってきて、今日は来ないが明日は来る、というゴドーの伝言を告げる。
第2幕においてもウラディミールとエストラゴンがゴドーを待っている。1幕と同様に、ポッツォとラッキーが来るが、ポッツォは盲目になっており、ラッキーは何もしゃべらない。2人が去った後に使者の少年がやってくる。ウラディミールとエストラゴンは自殺を試みるが失敗し、幕になる。
引用元:ゴドーを待ちながら – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B4%E3%83%89%E3%83%BC%E3%82%92%E5%BE%85%E3%81%A1%E3%81%AA%E3%81%8C%E3%82%89

田舎道。一本の木。夕暮れ。エストラゴンとヴラジーミルという二人組のホームレスが、救済者・ゴドーを待ちながら、ひまつぶしに興じている──。不条理演劇の代名詞にして最高傑作、待望のペーパーバック化!
引用元:U183 ゴドーを待ちながら – 白水社 http://www.hakusuisha.co.jp/book/b205629.html

『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』(Rosencrantz & Guildenstern Are Dead)は、イギリスの劇作家トム・ストッパードの戯曲。1966年のエディンバラ・フェスティバルにて初めて上演された[1][2]。『ハムレット』にほんの少しだけ登場するローゼンクランツとギルデンスターンという人物を主役にして、『ハムレット』の物語の裏側で彼らに何があったのかを描く。
>ストッパードの最も有名な作品の一つ。シェイクスピアの『ハムレット』の台詞をそのまま題名にしており、『ハムレット』では端役の2人の人物を主人公とする喜劇である。
>この膨大な、状況に対して全く働きかけることのない無意味な会話は、とりわけ劇の中心的人物が目的を持たず、自らの置かれた状況を理解していないという点で、サミュエル・ベケットの不条理演劇『ゴドーを待ちながら』と類似している[3]。
引用元:ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%BC%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%84%E3%81%A8%E3%82%AE%E3%83%AB%E3%83%87%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%81%AF%E6%AD%BB%E3%82%93%E3%81%A0