「小牧・長久手の戦い」「羽柴秀吉」「織田信雄・徳川家康」

972MrVMJVS
次のうち、1584年の
小牧・長久手の戦いに参加した
武将を1つ選びなさい
織田信長
徳川家康(答)
伊達政宗
明智光秀
武田勝頼
羽柴秀吉(答)

小牧・長久手の戦い(こまき・ながくてのたたかい)は、天正12年(1584年)に、羽柴秀吉(1586年、豊臣賜姓)陣営と織田信雄・徳川家康陣営の間で行われた戦い。名称に関し、江戸時代の合戦記では「小牧」や「長久手」を冠したものが多く、明治時代の参謀本部は「小牧役」と称している。ほかに「小牧・長久手の役」、最近では「天正十二年の東海戦役」という名も提唱されている[3]。
>小牧・長久手の戦い(こまき・ながくてのたたかい)は、天正12年(1584年)に、羽柴秀吉(1586年、豊臣賜姓)陣営と織田信雄・徳川家康陣営の間で行われた戦い。名称に関し、江戸時代の合戦記では「小牧」や「長久手」を冠したものが多く、明治時代の参謀本部は「小牧役」と称している。ほかに「小牧・長久手の役」、最近では「天正十二年の東海戦役」という名も提唱されている[3]。
引用元:小牧・長久手の戦い – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E7%89%A7%E3%83%BB%E9%95%B7%E4%B9%85%E6%89%8B%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84