チュラロンコーン タイの国王「ラーマ5世」 「チャクリー改革」

164nmniSJXYoG
近代化を推し進めた
タイの王ラーマ5世の通称
チュラロンコーン
Chulalongkorn

ラーマ5世(タイ語: รัชกาลที่ ๕)は、チャクリー王朝の第5代のシャム国王。チュラチョームクラオ、ピヤマハーラートや、幼名であるチュラーロンコーン(タイ語: จุฬาลงกรณ์, ラテン文字転写: Chulalongkorn)の名でも呼ばれる。
かつて発行されていた10バーツ紙幣の裏面に騎馬像が、また100バーツ紙幣の裏面ではラーマ6世と共に肖像が使用されていた。
>即位するとすぐに欧米に視察旅行をしてタイの立ち後れを実感し、チャクリー改革と呼ばれる数々の改革を行った。タイ三大王のうちの一人で今でも国民から人気が高く、肖像画が首飾りやポスターになったり、像が仏壇に置かれたりしている。1999年にはアメリカの『タイム』誌で、「今世紀もっとも影響力のあったアジアの20人」の1人にタイ人から唯一選ばれた。
引用元: ラーマ5世 – Wikipedia

「タイの東大」チュラロンコーン大学の学食に行こう!
>サワッディーカー、バンコクナビです!今回は、タイで最も古い歴史を持つ名門中の名門国立大学、チュラロンコーン大学の学食をご紹介します!“タイの東大”とも言われるチュラロンコーン大学、実は、安くて美味しいグルメスポットでもあります。
引用元: 「タイの東大」チュラロンコーン大学の学食に行こう! | バンコクナビ