「ホルス」エジプト神話の神 オシリスの息子 セトを倒す 妻はハトホル

080evptpzN
472PVSQEKS
エジプト神話の神
オシリスの息子
妻はハトホル
セトを倒して王となる
マアト
ホルス(答)
アヌビス
イシス


バステトの父
ハヤブサの頭を持つ
アメンやホルスと習合
エジプト神話の太陽神
ラー(答)

連想
エジプト神話の神
ミイラの姿で描かれる
セトの兄
冥界の神
オシリス(答)

連想
エジプト神話の神
下界で蛇神からラーを守る
オシリスの弟
ホルスに王位を奪われる
セト(答)

連想
エジプト神話の神
妻はインプト
死者の審判で天秤にかける係
犬の頭を持つ
アヌビス(答)

連想
エジプト神話の女神
音楽や豊穣の女神
セクメトと同一視されることも
猫の頭を持つ
バステト(答)

連想
エジプト神話の女神
「玉座」という意味の名前
ラーの真実の名前を聞きだす
オシリスの妻
イシス(答)

連想
エジプト神話の女神
金星で最も高い火山に名を残す
真理を司る
死者の裁判にその羽根を用いた
マアト(答)

CIMG6489
エジプトのダハシュールにある
スネフェル王のピラミッドで
世界遺産にもなっているのは
◯◯ピラミッド?
矮折
屈曲
湾身
屈折(答)
「屈折ピラミッド」

古代エジプトの神話
古代エジプト人は森羅万象に神の存在を認め、神として崇めていました。主神の地位を占める太陽神ラーのほか、天空の神ホルス、冥界の王オシリスなどがよく知られていますが、まず古代エジプトの神話「オシリス神話」から始めます。登場する神々は下図です。
OAsjNon
引用元:(54)エジプト紀行⑰ 古代エジプト人の信仰  M YASUDAのブログ/ウェブリブログ http://21432839.at.webry.info/201009/article_6.html

ラー(Ra)、あるいはレー(Re)は、エジプト神話における太陽神である。語源はそのまま、「Ra」(太陽)。
>ラーはハヤブサの頭をもつ姿で描かれることが多い。後にアトゥムと習合し、ヘリオポリスでは最も重要な神とされる。ヌンから生まれ、シューやテフヌト、バステトの父とされる。また、セクメトはラーが人間を滅ぼすためにその目から生み出されたとされる。目からは強烈な光を放ち、敵を焼き滅ぼす。ラーを象徴する元素と色はそれぞれ火と赤。
引用元:ラー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%BC

ホルス(Horus、エジプト語ラテン文字転写:Hr, Hru 、古代ギリシア語: Ώρος, Hōros)は、エジプト神話に登場する天空と太陽の神。エジプトの神々の中で最も古く、最も偉大で、最も多様化した神の一つである[1]。
ラーの息子で天空神・隼の神であるホルスと、ゲブとヌトの息子あるいはオシリスとイシスの息子のホルスという同名の神が二柱存在し、やがて習合されたものだとされている[2]。これ以外にも様々な神との習合が見られる。通常は隼の頭を持ち太陽と月の両目を持つ男性として表現される。時代とともに、その姿は隼から人間の姿をとるようになる。
>オシリスとイシスの子であり、父の敵であるセトを征伐する神話が特に有名である[5]。
引用元:ホルス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%AB%E3%82%B9

オシリス(Osiris)は、古代エジプト神話に登場する神の一柱。オシリスとはギリシャ語読みで、エジプト語ではAsar(アサル)、Aser(アセル)Ausar(アウサル)、Ausir(アウシル)、Wesir(ウェシル)、Usir(ウシル)、Usire、Ausareとも呼ぶ。イシス、ネフティス、セトの4兄弟の長兄とされる。王冠をかぶり、体をミイラとして包帯で巻かれて王座に座る男性の姿で描かれる。
引用元:オシリス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%82%B9

セト(Set)、Seth(セトゥ)、Setekh(セテカー)、Setesh、Seti(セティ)、Sutekh(ステカー)、Setech、Sutech、Tabeh、Typhon(タイフォン)とはエジプト神話に登場する神。オシリスの弟。エジプト九柱の神々の一柱。
>神話によると太陽神ラーとヌトの間に生まれた、オシリスに続く2番目の子。イシス、ネフティスは妹である。王権獲得のため、母親であるヌトの産道を通らず、子宮を破って脇腹から生まれ出てきたがオシリスより先に生まれる事ができなかったとされる。しかし、実際の父はラーではなくゲブであるとの説がある。またネフティスを妻としたが、その息子アヌビスは兄オシリスとネフティスの不義の子であった。
>ところが時代を下るにつれオシリスがもっと重要な神と認知され始めたため、正反対の描写をされてきたセトは悪役の立場を背負わされ、遂には兄オシリスを殺すというエピソードまで生まれた(オシリスとイシスの伝説を参照)。そして、親の敵討ちに乗り出すホルスの敵役にされてしまう。
引用元:セト – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%83%88

イシス (Isis) は、エジプト神話の女神。イシスはギリシア語であり、古代エジプトではアセトと呼ばれた。
ヘリオポリス神話ではゲブとヌトの子供で、オシリスの妹であり妻、セト、ネフティスの姉でもあり九柱神の一角を担う(セトの妹とされることもある)。またホルスの母。別の神話によるとラーの娘。
>イシス (Isis) は、エジプト神話の女神。イシスはギリシア語であり、古代エジプトではアセトと呼ばれた。
ヘリオポリス神話ではゲブとヌトの子供で、オシリスの妹であり妻、セト、ネフティスの姉でもあり九柱神の一角を担う(セトの妹とされることもある)。またホルスの母。別の神話によるとラーの娘。
引用元:イシス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%82%B7%E3%82%B9

バステト(Bastet)はエジプト神話に登場する女神。
>バステトは猫の女神として知られる。猫は古代エジプト人が初めて家畜化した動物と言われており、エジプト先王朝時代の遺跡の墓より猫の骨が発見されていることから、紀元前4000年紀後半には家畜化されていたと考えられている[1]。
>バステトは猫の女神として知られる。猫は古代エジプト人が初めて家畜化した動物と言われており、エジプト先王朝時代の遺跡の墓より猫の骨が発見されていることから、紀元前4000年紀後半には家畜化されていたと考えられている[1]。
引用元:バステト – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%88

マアト(Ma’at)は古代エジプト神話の女神。マァトまたはマートなどとも表記される。「法」「真理」「正義」を司るとされる。頭上にダチョウの羽を載せた姿で現される。この羽は、真理の象徴とされ、死者の魂を量るため、天秤の皿の一方に置かれた。
ギリシア神話のテミスやローマ神話のユースティティアに相当する。
引用元:マアト – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%A2%E3%83%88

アヌビス (Anubis 、エジプト語ラテン文字転写:inpu 、古代ギリシア語: Ἄνουβις (Ánūbis)) はエジプト神話に登場する冥界の神で、リコポリスの守護神。「聖地の主人」(nb-ta-djsr)、「自らの山に居る者」(tpi-dju=f)、「ミイラを布で包む者」(imiut)などの異名を持つ。
引用元:アヌビス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%8C%E3%83%93%E3%82%B9

くっせつ‐ピラミッド【屈折ピラミッド】

《Bent Pyramid》エジプト、ナイル川下流西岸にある古代エジプトの王墓群(ネクロポリス)、ダハシュールにあるピラミッドの通称。古王国第4王朝の創始者でクフ王の父であるスネフル王が建設。基礎部分の一辺の長さ188メートル、高さ約105メートル(現在は頂上部が崩れて約97メートル)。名称は中ほどで傾きが変わることに由来する。赤いピラミッドとともに、1979年、「メンフィスとその墓地遺跡、ギザからダハシュールまでのピラミッド地帯」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。スネフル王の屈折ピラミッド。
引用元:屈折ピラミッド(クッセツピラミッド)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E5%B1%88%E6%8A%98%E3%83%94%E3%83%A9%E3%83%9F%E3%83%83%E3%83%89-677511