「黄金堤」こがねづつみ 一夜堤で知られる堤防 吉良義央(よしひさ) 愛知県西尾市吉良町

310kfdlYpR
吉良義央が一夜で作らせたこと
から「一夜堤」の別名がある
愛知県西尾市の堤防は◯◯堤?
◯の漢字をひらがなで答えなさい
こがね(答)
「黄金堤」

黄金堤(こがねづつみ)とは、愛知県西尾市吉良町にある江戸時代に造られた堤防のことである。造られた経緯から別名「一夜堤」と呼ばれ、現在は桜の名所となっている。吉良町指定史跡。
>1686年(貞享3年)水田地帯の住民を救うべく吉良義央が私財を投じて、鎧が淵の上流に長さ180m、高さ4mの堤を築いて流れを矢作古川に合流させるようにした。領民の力を結集し、一夜にして築堤されたという。水が洩れないように粘土が使用されるなど現在の技術からみても優れたものである。この堤で吉良8千石が水害から守られ、金色の稲穂が田を彩るようになったことから黄金堤と呼ばれるようになった。
引用元:黄金堤 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%84%E9%87%91%E5%A0%A4

吉良 義央(きら よしひさ/よしなか(名前の読みについては後述を参照。))は、江戸時代前期の高家旗本。高家肝煎。赤穂事件の一方の当事者であり、同事件に題材をとった創作作品『忠臣蔵』では敵役として描かれる。幼名は三郎、通称は左近。従四位上・左近衛権少将、上野介(こうずけのすけ)。吉良上野介と呼ばれることが多い。本姓は源氏(清和源氏)。家紋は丸に二つ引・五三桐。
引用元:吉良義央 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%89%E8%89%AF%E7%BE%A9%E5%A4%AE

名君 吉良上野介義央公が創った堤防。桜の名所としても有名
赤穂浪士討入り事件で討たれた吉良義央公の領地の大部分は現在の西尾市吉良町にありました。地元では数々の善政を敷いた名君として愛されています。
言い伝えによると、当時この辺りの村は大水のたびに被害に苦しんでいました。義央公は水害から領地を守るため、領民とともに長さ約180メートル、高さ約4メートルの堤防を一夜で築いたといわれます。その後は水害がなくなり、良田となったことから、人々はこれを「黄金堤(こがねづつみ)」と呼んで遺徳をたたえました。
現在は桜の名所としても知られ、3月下旬から4月上旬にかけてはライトアップも行われます。
黄金堤 | 西尾市観光協会
名君 吉良上野介義央公が創った堤防。桜の名所としても有名 赤穂浪士討入り事件で討たれた吉良義央公の領地の大部分は現在の西尾市吉良町にありました。地元では数々の善政を敷いた名君として愛されています。 …