ドイツの画家「キルヒナー」「ホルバイン」「クラナッハ」「デューラー」

046YTydjbg
次のうち
ドイツの画家を
全て選びなさい
エゴン・シーレ オーストリア
ベックリン スペイン
キルヒナー(答)
ホルバイン(答)
クラナッハ(答)
デューラー(答)
シニャック フランス
クリムト オーストリア

CIMG6329
代表作に『死と乙女』がある
20世紀初めのオーストリアの
画家はエゴン・◯◯◯?
◯を答えなさい
シーレ
「エゴン・シーレ」

CIMG0246rXbQpGjyETNd
代表作『接吻』など多くの作品
に描かれている、オーストリア
の画家グスタフ・クリムトの
恋人の名前は?
リフーーゲレミ・エ
エレミー・フレーゲ(答)
引用元:マティス『金魚鉢の風景』『ルーマニアのブラウス』『王の悲しみ』『ダンス』 エゴン・シーレ『死と乙女』オーストリア 「エレミー・フレーゲ」クリムト『接吻』のモデル | わかればいいのに I wish I knew http://seethefun.net/%e6%96%87%e7%b3%bb%e5%ad%a6%e5%95%8f/8425/

エルンスト・ルートヴィッヒ・キルヒナー(Ernst Ludwig Kirchner, 1880年5月6日 – 1938年6月15日)は、20世紀前期のドイツの画家。エーリッヒ・ヘッケル、カール・シュミット=ロットルフらと並ぶドイツ表現主義の代表的画家である。
引用元:エルンスト・ルートヴィッヒ・キルヒナー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%83%E3%83%92%E3%83%BB%E3%82%AD%E3%83%AB%E3%83%92%E3%83%8A%E3%83%BC

ハンス・ホルバイン(Hans Holbein (der Jüngere), 1497年/1498年 – 1543年)は、ルネサンス期のドイツの画家。
南ドイツのアウクスブルクに生まれ、後にイングランドで活動した。国際的に活躍した肖像画家として著名であるとともに、木版画シリーズ『死の舞踏』の作者として、版画史上も重要な作家である。また、アナモルフォーシスを使う画家としても知られている。同名の父ハンス(1465年頃 – 1524年)と兄アンブロジウス(英語版)も美術史上に名を残す画家である。父ハンスは、末期ゴシックとルネサンスの過渡期に位置する画家としてアウクスブルクやバーゼルで活動し、祭壇画などに多くの傑作を残しているが、今日では同名の息子の名声に隠れた存在となっている。
引用元:ハンス・ホルバイン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%9B%E3%83%AB%E3%83%90%E3%82%A4%E3%83%B3

ルーカス・クラナッハ(Lucas Cranach der Ältere、1472年10月4日 クローナハ、オーバーフランケン – 1553年10月16日、ヴァイマル)は、ルネサンス期のドイツの画家。同名の息子も画家であるため、ルーカス・クラナッハ (父) と表記されることが多い。クラナハ、クラーナハとも表記される。
引用元:ルーカス・クラナッハ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%8A%E3%83%83%E3%83%8F

アルブレヒト・デューラー(ドイツ語: Albrecht Dürer, 1471年5月21日 – 1528年4月6日)は、ドイツのルネサンス期の画家、版画家、数学者。同名の父・アルブレヒトは、ハンガリーからニュルンベルクに移住してきた金銀細工師。
引用元:アルブレヒト・デューラー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%96%E3%83%AC%E3%83%92%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%87%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%BC

アルノルト・ベックリン(Arnold Böcklin, 1827年10月16日 – 1901年1月16日)は、19世紀のスイス出身の象徴主義の画家。
19世紀末のヨーロッパの美術界はフランス印象派の全盛期であったが、戸外にキャンバスを持ち出し、外光の下で身近な風景を描き出した印象派の画家たちとは対照的に、文学、神話、聖書などを題材に、想像の世界を画面に表そうとする象徴主義の画家たちも同時代に活動していた。ベックリンはこうした象徴主義・世紀末芸術の代表的画家の1人である。
引用元:アルノルト・ベックリン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%8E%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%99%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%B3

エゴン・シーレ(Egon Schiele、1890年6月12日 – 1918年10月31日)は、オーストリアの画家。エーゴン・シーレとも。
当時盛んであったグスタフ・クリムトらのウィーン分離派を初めとして象徴派、表現主義に影響を受けつつも、独自の絵画を追求した。強烈な個性を持つ画風に加え、意図的に捻じ曲げられたポーズの人物画を多数製作し、見る者に直感的な衝撃を与えるという作風から表現主義の分野に置いて論じられる場合が多い。
引用元:エゴン・シーレ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%82%B4%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%AC