「ピカビア」 フランスの画家 ニューヨーク・ダダ

249siiygKx
ニューヨーク・ダダの一員
だったフランスの画家です
ピカビア(答)
Francis-Marie Martinez Picabia

フランシス=マリー・マルティネス・ピカビア(Francis-Marie Martinez Picabia, 1879年1月22日 – 1953年11月30日)は、20世紀前半の画家、詩人、美術家。
パリでキューバ大使とフランス人の間に生まれ、1913年のアーモリーショー以降アメリカとヨーロッパを行き来した。1945年にはパリに戻り、最後はパリにて没す。74歳没。モンパルナス墓地に埋葬されている。
横尾忠則はピカビアに私淑し、ピカビアの作品をモチーフにした作品を制作している。
引用元:フランシス・ピカビア – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%94%E3%82%AB%E3%83%93%E3%82%A2

ニューヨーク・ダダとは、ニューヨークにて、1910年代半ばに起こったダダのことをいう。同時期に、ヨーロッパのチューリヒ等で起こったダダと対応しているが、その発生は独立したものであり、ダダ的な思想を持っていたが、意識的・集団的なものではなかった。
中心メンバーは、1913年のアーモリー・ショーののちにフランスから渡米し、そのままアメリカにいついてしまった、
マルセル・デュシャン(Marcel Duchamp; 1887-1968)
のほか、
マン・レイ (Man Ray; 1890-1976)
フランシス・ピカビア (Francis Picabia; 1879-1953)
がいる。さらに、アメリカ出身の美術家としては、例えば、
モートン・シャンバーグ(Morton Livingston Schamberg, 1881年 – 1918年)
がいる。
引用元:ニューヨーク・ダダ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%A8%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%80%E3%83%80

3分でわかるフランシス・ピカビア NY・ダダの創設者ピカビアの生涯と作品 : ノラの絵画の時間