「おとがいが落ちる」意味「寒くて震える」「とても美味しい」「口数が多い」

403RklzovF
次のうち、慣用句
「おとがいが落ちる」の
意味として正しいものを
1つ選びなさい
人の暮らしを助ける
体力が落ちる
寒くて震える(答)
後悔する
とても美味しい(答)
身動きがとれない

PaupOOV
125156zny6y1859v5w92gz
引用元:身体各部位的日语读音和详解(配图) – 咖啡日语 http://coffeejp.com/article/cihui/2012-12-14/3245.html

デジタル大辞泉の解説
頤(おとがい)が落・ちる【頤が落ちる】

1 寒くて震え上がるさま。
2 食べ物が非常にうまいことのたとえ。あごが落ちる。
3 口数が多いことのたとえ。多弁である。
「寒きこといとわりなく、頤など落ちぬべきを」〈枕・二九八〉
「―・つるやうな」〈虎寛狂・附子〉
「舌の吊り緒、頤の落つる程、こっちからもしゃべる、あっちからもしゃべる」〈浄・栬狩剣本地〉
引用元:頤が落ちる(オトガイガオチル)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E9%A0%A4%E3%81%8C%E8%90%BD%E3%81%A1%E3%82%8B-453260

頤(おとがい)はヒトの下あごまたは下あごの先端をさす語である。解剖学用語としてはオトガイと表記・呼称し、下顎骨の先端部をさす。ヒトでは頤の形にかなり大きな変異(個体差)がある。
オトガイは音声に関連する口唇の微妙な動きを可能にする筋群が付着する部位として発達してきた。ヒトの進化においてオトガイは分岐学上の派生的形質のひとつであり、現生人類を古生人類から分ける解剖学的な定義のひとつとなっている。
オトガイに起始または停止する筋群には、オトガイ横筋、オトガイ筋、オトガイ舌筋、オトガイ舌骨筋がある。その他オトガイの名を冠する解剖学用語として、オトガイ隆起、オトガイ神経、オトガイ孔などがある。
引用元:おとがい – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%8A%E3%81%A8%E3%81%8C%E3%81%84

手掌頤反射 (しゅしょうおとがいはんしゃ) は、ヒトの原始反射の一つで、母指球 (親指のつけねのふくらみ) を刺激すると、オトガイ筋の収縮が見られる現象。前頭葉解放徴候 (正常成人では前頭葉の働きによって抑制されているが、何らかの理由で前頭葉に障害が生じ、抑制が外れた状態になると出現する徴候) のひとつでもある。1920年、ハンガリーのマリネスコ (en)とRadoviciが、若年の筋萎縮性側索硬化症患者について初めて報告した[1]。これにちなみ、Marinesco-Radovici徴候とも呼ばれる。
引用元:手掌おとがい反射 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%89%8B%E6%8E%8C%E3%81%8A%E3%81%A8%E3%81%8C%E3%81%84%E5%8F%8D%E5%B0%84