「ヘロデ」神殿 エルサレム「嘆きの壁」の元の部分

199EqqmnlE
エルサレムにある「嘆きの壁」は
元々エルサレム神殿の中の
◯◯◯神殿の一部分だった?
◯を答えなさい
ヘロデ(答)
「ヘロデ神殿」

エルサレム神殿(エルサレムしんでん)は、古代エルサレムに存在したユダヤ教の礼拝の中心地。唯一の神ヤハウェの聖所であり、アロンの家系の祭司とレビ人と呼ばれるレビ族出身の非祭司階級が祭祀に当たった。
>紀元前10世紀にソロモン王が建設した神殿(ソロモン神殿)
バビロン捕囚からの解放後の紀元前515年にゼルバベルの指揮でほぼ同じ場所に再建された神殿(第二神殿)
紀元前20年にヘロデ大王によって完全改築に近い形で大拡張された神殿(ヘロデ神殿)
>現在「嘆きの壁」と呼ばれる部分は、このヘロデ神殿を取り巻いていた外壁の西側の部分とされ、ユダヤ人は「西の壁」と呼んでいる。この部分を含め外壁はその基礎部分がほぼすべて残されている。
エルサレム神殿 – Wikipedia

ヘロデ(ヘブライ語: הורדוס‎、英語: Herod、紀元前73年頃 – 紀元前4年)は、共和政ローマ末期からローマ帝国初期にユダヤ地区を統治したユダヤ人の王(在位:紀元前37年 – 紀元前4年)である。イスラエルレビ族が祭司王として統治したハスモン朝を破って、エドム人ヘロデが統治するヘロデ朝を創設、ローマとの協調関係を構築した。エルサレム神殿の大改築を含む多くの建築物を残した。だが、猜疑心が強く身内を含む多くの人間を殺害した。息子たちと区別してヘロデ大王とも言われる[1]。
>しかし、なんといってもヘロデの名を不朽のものとしたのは、第二神殿の改築(ヘロデ神殿)、カイサリアの港、マサダ要塞、ヘロディウム (Herodium) などの大建築であった。特にヘロデ神殿はソロモンを超える規模で行ったエルサレム神殿の大改築であった。神殿はローマ帝国を含む当時の世界でも評判となり、このヘロデの時代にディアスポラのユダヤ人や非ユダヤ教徒までが神殿に参拝しようとエルサレムをさかんに訪れるようになった[5]。
ヘロデ大王 – Wikipedia

嘆きの壁(なげきのかべ、ヘブライ語: הכותל המערבי‎, アラビア語: حائط البراق‎, 英語: Wailing Wall)は、ヘロデ大王時代のエルサレム神殿の外壁のうち、現存する部分。神殿はユダヤ教で最も神聖な建物であった。
>紀元前20年、ヘロデ大王によって完全改築に近い形で大拡張された神殿を取り巻いていた外壁の西側の部分であり、ユダヤ人は「西の壁」と呼んでいる。この部分を含め、外壁はその基礎部分がほぼすべて残されている。
嘆きの壁 – Wikipedia

ある男性が、紀元前20年にヘロデ大王によって完成し紀元70年のローマ帝国軍の攻撃によって破壊されてしまったヘロデ神殿のミニチュアを、30年かけて作り上げたそうです。既に存在しない神殿であるため古い文献や挿絵などから想像して作り上げており、その出来栄えは驚かされるものになっています。

外装だけでなく内装や人々まで精巧に作られており、どれだけ手間暇をかけて制作したのか想像もつきません。
30年かけて失われたヘロデ神殿のミニチュアを作成 – GIGAZINE