年寄っ子の「三文安」 祖父母が孫を甘やかすのを諌めた言葉

118qjecAml
祖父母が孫を甘やかすことを
いさめた言葉といえば
「年寄っ子の◯◯◯」?
十億高
二両安
一円円
三文安(答)
「年寄っ子の三文安」

CIMG7116zNXqByA3WIpS
文字パネル
理屈っぽい独居老人・
益子徳一を主人公とする
2011年に刊行された
京極夏彦の小説は?
ンイんサオ
いおさジじ
オジいサン(答)
京極夏彦『巻説百物語』『続巻説百物語』『後巻説百物語』『前巻説百物語』 老人小説『オジいサン』 | わかればいいのに I wish I knew

「おばあちゃんっこは さんもん やすい」
「年寄り子は三文安い」などとも言います。
祖母などお年寄りに育てられた子供は甘やかされるのでひ弱に育ち値打ちが三文ほど下がってしまう、ということわざです。

「三文」は「二束三文」「三文判」「三文芝居」などというように金額的には大したものではありません。
「三文安い」というのは、年寄りに甘やかされた子供がひどく劣っているわけではないけれども「おばあちゃん子だからね…」とちょっと小馬鹿にするくらいの意味合いなのだろうと思います。
おばあちゃんっ子は三文安い の読み・意味を教えてください – … – Yahoo!知恵袋