宮崎県の方言「よだきい」だるい・面倒くさい 西日本の方言「よばれる」ご馳走される「いちびる」調子に乗る

124oTFQYCu
県民の気質を表すものとして
よく用いられる、「だるい」
「面倒くさい」というような
意味の宮崎県の方言は?
いきまよね
っぬだしほ
よだきい(答)

366NciMcMr
367mKfWoDB
西日本で使われる方言で
食事をご馳走になることを
意味する言葉はよばれるですが

興奮して騒いだり、調子に
乗ったりすることを意味する
言葉は?
ちばえるび
ほよたれい
いちびる(答)

宮崎弁(みやざきべん)は、宮崎県で話されている日本語の方言である。宮崎弁は大別して2種あり、広く宮崎県で使われている豊日方言に分類されているもの(日向弁とも呼ぶ)と、県南西部の都城市、えびの市、小林市付近(諸県郡)一帯で使われている薩隅方言に分類されるもの(諸県弁と呼ばれる)がある。都城市周辺はかつて薩摩藩島津氏の統治下にあったことに起因する。豊日方言に分類される宮崎弁の中でも、県北(延岡市周辺)、県央(宮崎市付近)、県南(日南市付近)で使われている方言には語彙・イントネーションの点で若干の違いが存在する。かつて、大分の宇佐神宮の影響下にあった土持氏が宮崎県県北から県央までを支配していたことから大分の日田弁に近接している面が多々あり、大分県により近い県北地域の言葉が若干異なるのはそのためだとされる。本稿では豊日方言に分類される地域の宮崎弁について述べる。
>「よだきい」
「面倒くさいという意味合いでだるい」という意味。病気など身体に起因する「だるさ」ではない。古語の「よだけし」の変形か。「よだきい」は宮崎県の県民気質を表す言葉としてよく使われる最も有名な宮崎弁の一つ。熊本県の阿蘇地方や、福岡県の豊前および築上地域でも使用される。九州人は「九州男児」のイメージで威勢がよく一本気という印象をもたれがちだが、宮崎県の男性は軟弱な「いもがらぼくと」などと言われ、それとはほど遠い県民性だといわれている。沖縄の「ウチナータイム」に相当する、「日向時間」という言葉があるほど、のんびりしたところがある。「のさん」「よだきぃ」「ひんだりぃ」は県民性を表す言葉としてしばしば引用される。
宮崎弁 – Wikipedia

「方言チャート」と呼ばれるサイトが話題を集めています。
2013年8月27日にサイトが公開されて9月1日までのわずか3日間で350万人がチャレンジし、その精度の高さに話題が集まっています。
この方言チャートは、東京女子大学の篠崎晃一教授のゼミに所属するゼミ生11人が開発したそうです。
>実は、この「方言チャート」は2008年にも挑んでいたようですが、
時間切れで日の目を見ることはありませんでした。
5年の時を経て、日の目をみたこの「方言チャート」を是非試してみてはいかがですか?
【出身地鑑定!!方言チャート】
http://ssl.japanknowledge.jp/hougen/
マナメディア – 「方言チャート」と呼ばれるサイトが話題を集めています。…

出身地鑑定!! 方言チャート