カール「マルテル」 ウマイヤ朝の侵略を阻んだ名宮宰 「トゥール・ポワティエ間の戦い」

112zCoISWZ
732年のトゥール・ポワティエ間
の戦いで、ウマイヤ朝の侵略を
阻んだフランク王国の宮宰は
カール・◯◯◯◯?
ロークク
マヒリル
リイザー
マルテル(答)
「カール・マルテル」

CIMG1078RuuBvcEmJhRJ
次の正統カリフ時代の
4人のカリフを、就任した順に
選びなさい
アブー・バクル
ウマル
ウスマーン
アリー

正統カリフ
正統カルビ

炙ると うまい 薄口 アリ
アブ・バルク ウマル ウスマーン アリー
世界史 イスラム 正統カリフ時代 4代 覚え方 | 周期表の覚え方 掲示板

CIMG4987
船越保孝が設立したゴスロリ
のファッションブランドです
アリスアウアア(答)
alice auaa
「マンサ・ムーサ」マリ帝国第10代の王「豪勢なメッカ巡礼」人類史上最高のお金持ちとも 正統カリフ「アブー・バクル」「ウマル」「ウスマーン」「アリー」ゴロ「正統カルビ炙るとうまい、薄口アリ」 | わかればいいのに I wish I knew

カール・マルテル(Karl Martell, 686年8月23日 – 741年10月22日)は、メロヴィング朝フランク王国の宮宰。カロリング家出身で、トゥール・ポワティエ間の戦いでウマイヤ朝の進撃を食い止め、西ヨーロッパへのイスラム教徒の侵入をイベリア半島でとどめたことで名高い。
>732年にウマイヤ朝が再び侵攻し、イベリア知事のアブドゥル・ラフマーン・アル・ガーフィキーの軍勢がボルドーを略奪してロワール川流域の重要都市トゥールに迫ると、マルテルはこれを迎撃した。両軍はポワティエ(現在のフランス中西部、ヴィエンヌ県の県都)の近郊で激突し、アル・ガーフィキーが戦死したウマイヤ軍は退却した (トゥール・ポワティエ間の戦い) 。この結果、イスラム勢力による西ヨーロッパへの侵攻は食い止められ、後のレコンキスタへの基盤が作られた。歴史家のエドワード・ギボンは著書『ローマ帝国衰亡史』の中でマルテルを中世最高のプリンスと称えた。
カール・マルテル – Wikipedia

トゥール・ポワティエ間の戦い(-かんのたたかい、フランス語: Bataille de Poitiers、アラビア語: معركة بلاط الشهداء‎)は、732年にフランス西部のトゥールとポワティエの間で、フランク王国とウマイヤ朝の間で起こった戦い。
>メロヴィング家が創設したフランク王国では、伝統的な均分相続制が取られていたため、王位継承のたびに国土が分割(3分割・4分割)された。こうして王権は弱体化していき、それに反比例して、王に仕える宮宰(王宮の人事・経済を管理する役職)の力が強まっていった。7世紀後半のフランク王国は、2国(西北のネウストリアと北東のアウストラシア)に分かれており、それぞれの宮宰が争っていた。アウストラシアの宮宰であったカロリング家のピピン2世が勝利して、実権を掌握した。この内紛に乗じて、イベリア半島の西ゴート王国を征服したウマイヤ朝のイスラム政権が、ピレネー山脈を越えてフランク王国内に侵入を始めたのである。とりわけ720年からは大規模な侵入が始まり、ブルグント地方を支配下に置いた。
>ウマイヤ朝のカリフ・ヒシャームによってイベリア知事に任じられたアブドゥル・ラフマーン・アル・ガーフィキー(英語版)は、ピレネー山脈の西端を越えて北上し、アキテーヌ公を破ってボルドーを略奪し、破壊した後、軍を東に向けた。アル・ガーフィキーは、トゥールのサン・マルタン教会に莫大な財宝があることを知って、軍をロワール川流域に進めたのである。この知らせを受けたフランク王国の宮宰カール・マルテル(ピピン2世の子)は、事態の重大さを察知し、急遽軍勢を集めてパリからトゥールに急行した。
トゥール・ポワティエ間の戦い – Wikipedia