「戦ぐ」そよぐ 風に吹かれて草木が動く 「靡く」なびく 風や水の流れで横に動く

023NKNpVaO
草木が風に吹かれ、かすかに
音を立てながら揺れ動く様子です
戦ぐ
そよぐ(答)

デジタル大辞泉の解説
そよ・ぐ【▽戦ぐ】

[動ガ五(四)]風に吹かれて草や木の葉などがかすかに音をたてて揺れ動く。「風に―・ぐ葦(あし)」
戦ぐ(ソヨグ)とは – コトバンク

デジタル大辞泉の解説
なび・く【×靡く】

[動カ五(四)]
1 風や水の勢いに従って横にゆらめくように動く。「柳が風に―・く」
2 他の意志や威力などに屈したり、引き寄せられたりして服従する。また、女性が男性に言い寄られて承知する。「威光に―・く」「いくら口説いても―・かない」
靡く(ナビク)とは – コトバンク