マルセル・「パニョル」 フランスの小説家・劇作家『マリウス』『丘の泉』

018maprfwQ
戯曲『マリウス』『ファニー』や
小説『丘の泉』などで知られる
20世紀フランスの映画作家、
小説家はマルセル・◯◯◯◯?
アロョル
フニッホ
パルノー
パニョル(答)
「マルセル・パニョル」
Marcel Pagnol

『プロヴァンス物語 マルセルの夏』~予告編のフランス語(1)
『プロヴァンス物語 マルセルの夏』~予告編のフランス語(1) | フランス語
『プロヴァンス物語 マルセルの夏』~予告編のフランス語(1) …

マルセル・パニョル(Marcel Pagnol、1895年2月28日 オーバーニュ – 1974年4月18日 パリ)は、フランスの小説家、劇作家、映画作家である。
>10歳でマルセイユの富裕層の子弟が通う名門リセの奨学金試験を受け、2番の成績で合格し入学をした。そこで生涯の友となるアカデミー・フランセーズ賞作家でユダヤ人のアルベール・コーエンと知り合う。15歳のとき、最初の戯曲を書き、父の歩みを追い、リセの英語教師となった。しかし、教師を辞めてパリへ行き、そのかわりに劇作に人生を注ぐことになる。最初の成人としての戯曲『名誉を売る商人』が上演されたのは1924年であった。1929年、『マリウス』をテアトル・ド・パリ座のために書いた。1931年に同作はパニョル自身の制作のもとに映画化される。
マルセル・パニョル – Wikipedia