ササン朝ペルシャ「ホスロー1世(最盛期)」「アルダシール1世」「首都クテシフォン」「エデッサの戦い」

053zaXcesn
6世紀にササン朝ペルシャの
最盛期を築いた第21代皇帝は?
カワード1世
ホルミズド1世
アルデシール1世
ホスロー1世(答)
49%

075lQvrxWR
チグリス川中流にある町で
ササン朝ペルシアの首都が
置かれたのは◯◯◯◯◯◯?
◯を答えなさい
クテシフォン(答)
54%

088bupKEhP
ヤズデギルド3世
アルダシール1世
シャープール1世
ホスロー1世
ササン朝ペルシャ(答)
セレウコス朝シリア
アケメネス朝ペルシャ
パルティア

069zsskpvqyoo
ローマのヴァレリアヌス帝が
ササン朝ペルシアに敗れて
捕虜となった260年の戦いは
◯◯◯◯の戦い?
ベサエッア
デルオンラ
エデッサ(答)
「エデッサの戦い」

ホスロー1世(Khusrau I, Khosrow, ? – 579年)は、サーサーン朝ペルシア帝国の第21代君主(シャーハーン・シャー、在位:531年 – 579年)。先代カワード1世(英語版)の息子。王族同士の内戦を終息させた父カワードの政策を受継ぎ、メソポタミアをはじめ領土内の耕地開発を行って国力を増強させ、ソグド、突厥、アフガニスタンなど中央アジア方面や東ローマ帝国などへの対外遠征も積極的に行った。
引用元:ホスロー1世 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%82%B9%E3%83%AD%E3%83%BC1%E4%B8%96

【ササン朝】より

…5世紀半ばには東方にエフタルが出現し,ペーローズPērōzの時代はエフタルの侵入とうち続く大飢饉に苦しんだ。カワード1世Kavādh Iは,当時国内に起こっていたマズダク教の社会運動,他方ではエフタルの力を利用して大貴族や祭司階級の勢力を抑え,王権の強化をはかった。カワードの治世末期にマズダク教徒を弾圧したホスロー1世は,父王のあとをついで即位すると,税制改革,官僚制の整備,国王常備軍の編成によって中央集権的な支配体制を確立した。…
引用元:カワード[1世](かわーど)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%82%AB%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%89%5B1%E4%B8%96%5D-1294549

ホルミズド1世(Hormizd I, ? – 273年)は、サーサーン朝ペルシア帝国の君主(シャーハーンシャー、在位:272年 – 273年)。シャープール1世の息子で、ホラーサーンの統治を任されていた。ギリシア語年代記では Ώρμισδης / Hōrmisdēs として表れ、タバリーをはじめとするアラビア語文献では「フルムズ」(هرمز Hurmuz)、近世ペルシア語では「ホルミズド」「ホルムズド」( هرمزد hormuzd /hormizd)と呼ばれているが、中期ペルシア語(パフラヴィー語)では「オ(ー)フルマズド」(’wḥrmzdy / Ōhrmazd /Ohrmazd)という。「オ(ー)フルマズド」とは中期ペルシア語で「アフラ・マズダー」神のことを言う。
引用元:ホルミズド1世 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%AB%E3%83%9F%E3%82%BA%E3%83%891%E4%B8%96

アルダシール1世(Ardashīr, ? – 241年?)は、サーサーン朝ペルシア帝国の初代君主(シャーハーン・シャー Šāhān-šāh, 在位:226年 – 240年、生前に譲位)。アルデシール1世とも。サーサーンの孫に当たる。中期ペルシア語ではアルダフシール(’lthšyl / Ardaχšīr)と言い、アラビア語、近世ペルシア語資料では اردشيرArdashīr と表記された。後世のペルシア語文献では اردشير بابكان Ardashīr-i Bābakān と呼ばれているが、これは中期ペルシア語で「パーパグの(子)アルダフシール」を意味する Ardaχšīr Pāpagān の近世ペルシア語形である。
引用元:アルダシール1世 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%80%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%AB1%E4%B8%96

クテシフォン【Ktēsiphōn】

ティグリス川東岸にあったパルティアおよびササン朝ペルシア時代の都市。前2世紀後半,パルティアのメソポタミア進出にともない,セレウキアの対岸の村に軍事的根拠地として建設された。その後,アルサケス朝の冬宮がおかれ,セレウキアが破壊された(後165)のちはバビロニアの中心都市となり,古代東西交通路の要衝として繁栄した。パルティアを打倒したアルダシール1世は226年クテシフォンで即位し,ササン朝帝国の首都をここに定めた。
引用元:クテシフォン(クテシフォン)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%82%AF%E3%83%86%E3%82%B7%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%B3-55623

ササンちょう‐ペルシア〔‐テウ‐〕【ササン朝ペルシア】

《Sassanian Persia》イラン(ペルシア)の王朝。226年にパルティア王国を倒して、アルデシール1世が建国。ゾロアスター教を国教とし、中央集権制を確立して西アジアの広大な地域を領有。ローマ帝国とたびたび戦い、ホスロー1世時代に最も栄えたが、651年イスラムに滅ぼされた。ササーン朝。
引用元:ササン朝ペルシア(ササンチョウペルシア)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%82%B5%E3%82%B5%E3%83%B3%E6%9C%9D%E3%83%9A%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%82%A2-510283

サーサーン朝(サーサーンちょう、英: Sassanid、波: ساسانيان‎ – Sāsāniyān 、226年 – 651年)はイラン高原・メソポタミアなどを支配した王朝・帝国。首都はクテシフォン(現在のイラク)。
>特に始祖アルダフシール(アルダシール1世)自身がゾロアスター教の神官階層から出現したこともあって、様々な変遷はあったもののゾロアスター教と強い結びつきを持った帝国であった。ゾロアスター教を国教とし、アケメネス朝ペルシャの復興を目標とした。ペルシアを支配した勢力の中で、ゾロアスター教を国教とした最後の国である。
>シャーハンシャー
226年 – 241年 アルダシール1世(初代)
241年 – 272年 シャープール1世(第2代)
309年 – 379年 シャープール2世(第10代)
531年 – 579年 ホスロー1世(第22代)
632年 – 651年 ヤズデギルド3世(最後)
引用元:サーサーン朝 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%B3%E6%9C%9D

シリアおうこく【シリア王国】

セレウコス1世が創建した王国。前305‐前64年。ヘレニズム時代の,プトレマイオス朝エジプト,アンティゴノス朝マケドニアとならぶ強国のひとつ。セレウコス王国とも呼ぶが,前300年オロンテス河畔にアンティオケイア(アンティオキア)を建設し首都としてより,終始北シリアを王国の核心部分としたのでこの名がある。
[歴史]
 セレウコス1世はアレクサンドロス大王の死後バビロニアの総督となり,前312年地歩を確立(セレウコス朝暦第1年),大王の後継者たち(ディアドコイ)の争いの渦中で勢力を拡大し,西は小アジアから東はインド国境におよぶ広大な領土を獲得した。
引用元:シリア王国(シリアおうこく)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%82%A2%E7%8E%8B%E5%9B%BD-843567

アケメネス朝(アケメネスちょう、紀元前550年 – 紀元前330年)は、古代イランにおこったとされる王朝・帝国・遊牧国家。
>アケメネス朝は全国を36の行政区画(サトラッピ)に分け、各州ごとにサトラップ(訳語としては総督、太守)を置いた。また、そのサトラップを監察する目的で、年に一度中央から「王の耳」・「王の目」と呼ばれた監察官が派遣された。さらに「王の道」と呼ばれる国道を建設して駅伝を整備し、通貨制度を創設した。
>諸王の王
前550年 – 前529年 キュロス2世(初代)
前521年 – 前486年 ダレイオス1世(第4代)
前336年 – 前330年 ダレイオス3世(最後)
引用元:アケメネス朝 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%B1%E3%83%A1%E3%83%8D%E3%82%B9%E6%9C%9D

パルティア(Parthia)

古代イランの王国。前247年ごろ、シリアのセレウコス朝の衰退に乗じ、イラン系遊牧民パルニ族のアルサケスが、イラン高原北東部(古称パルティア)に拠(よ)って独立して建国。226年、ササン朝ペルシアによって滅ぼされた。パルチア。中国名は安息。
引用元:パルティア(パルティア)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%91%E3%83%AB%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%A2-605589

ついで260年、エデッサの戦いでローマ皇帝ウァレリアヌスを捕虜にしてローマに屈辱を与えた。この勝利を記念して、シャープール1世はアケメネス朝歴代の王墓のふもとに、堂々たる騎乗のシャープール1世にむかってひざまずき、命乞いをするウァレリアヌス帝を描いた浮き彫りを造らせた。<中央公論社『世界の歴史4 オリエント世界の発展』1997 p.293>
>引用元: エデッサの戦い

エデッサの戦いの結末は、外敵との戦争で初めてローマ皇帝(デキウスおよびヘレンニウス・エトルスクス)が戦死したアブリットゥスの戦いと共に、ローマ帝国の国力の低下を物語る事件となった。一方のペルシアにとってもルキウス・ドミティウス・アウレリアヌスやマルクス・アウレリウス・カルス、ディオクレティアヌスら後代のローマ皇帝からの侵攻を招き寄せる格好の材料ともなった。
引用元: エデッサの戦い – Wikipedia

オデッサの戦い(ルーマニア語:Bătălia de la Odessaバタリヤ・デ・ラ・オデッサ)は、独ソ戦中の1941年にオデッサを巡って行われた大規模な戦闘である。防衛に回ったソ連側からは、オデッサ防衛戦(ロシア語:Одесская оборонаアヂェースカヤ・アバローナ)と呼ばれる。また、この戦いは、ドイツのヨーロッパ同盟国がドイツ軍の目立った協力なしに主要都市を占拠した唯一の例として語られる。
引用元: オデッサの戦い (1941年) – Wikipedia


ウクライナの南西部に位置し黒海に臨む貿易港で、1905年に戦艦ポチョムキンの反乱が起きたことで知られるのは?
→オデッサ