『ブライト・ライツ、ビッグ・シティ』ジェイ・マキナニーの小説 高橋源一郎訳

345VkkPedOmcx
次の文字列を順に選んで
アメリカの作家
ジェイ・マキナニーの
代表作のタイトルにしなさい
ブライト
ライツ
ビッグ
シティ
『ブライトライツビッグシティ』
Bright Lights, Big City

Bright Lights, Big City is an American novel by Jay McInerney, published by Vintage Books on August 12, 1984. It is written about a character’s time spent caught up in, and notably escaping from, the mid-1980s New York City fast lane. It is one of the few well-known English-language novels written in the second person, and its main character is unnamed.[1]
>The story’s narrator is a writer who works as a fact checker for a high-brow magazine—likely based on Harpers or The New Yorker, where McInerney himself once worked as a fact checker—for which he had once hoped to write. By night, he is a cocaine-using party-goer seeking to lose himself in the hedonism of the 1980s yuppie party scene, often going to a nightclub called Heartbreak.[2]
Bright Lights, Big City (novel) – Wikipedia, the free encyclopedia

ジェイ・マキナニー(Jay McInerney, 1955年1月13日 – )は、アメリカの小説家。本名ジョン・バレット・マキナニー・ジュニア(John Barrett McInerney Jr.)。コネチカット州ハートフォード生まれ。
ウィリアムス大学を卒業して地方紙の記者となり、その後プリンストン大学から英語を教える奨学金をもらって、日本に渡り2年間を過ごす。アメリカに戻ってからは「ニューヨーカー」の校正係に就くも10カ月で退社し、ランダムハウス社で編集アルバイトとして持ち込み原稿を読む係をしていた。そこでレイモンド・カーヴァーと知り合いになり、彼が創作を教えているシラキュース大学に来ないかと誘われ、同大学から若い無名作家に出されるフェローシップを受け、カーヴァーのもとで学ぶことになる。その後、短編小説『午前6時、いま君のいる場所』を書きあげ、これが「パリス・レビュー」に発表された。この短編をもとに書き下ろした長編小説デビュー作『ブライト・ライツ、ビッグ・シティ』がベストセラーとなり、その文体の素晴らしさから「’80年代のサリンジャー」「新しい時代のフィリップ・ロス」と呼ばれ、話題になった。
日本では、『ブライト・ライツ、ビッグ・シティ』が高橋源一郎の翻訳で出版されベストセラーとなった。
ジェイ・マキナニー – Wikipedia

新潮文庫
ブライト・ライツ、ビッグ・シティ
原書:BRIGHT LIGHTS,BIG CITY(McInerney,Jay)
マキナニー,ジェイ【著】〈McInerney,Jay〉(マキナニ- ジエ-) 高橋源一郎【訳】
>いつもと変わりなく月曜日がやって来る。
10時間つづけて眠り、ようやくきみは目を覚ます。
日曜日のことは誰も知らない…。
ニューヨークの一流出版社調査課に勤めながら、毎夜ナイトクラブに通い、コカインに溺れる「きみ」。
きらびやかな大都会に生きる若者の姿を静かな声で語って絶大な反響を呼んだ、「心に真っ直ぐ突き刺さってくる小説」。
80年代アメリカ青春小説の金字塔。
BookWebPro 和書検索