「ロスバッハの戦い」1756七年戦争における会戦 プロイセン対オーストリア

110558CBdQFjDsOk
1757年にプロイセン軍がフランス
オーストリア、ザクセン公国の
連合軍を打ち破った、七年戦争の
有名な戦いは◯◯◯◯◯の戦い?
ロスムルヒ
エホニラハ
リルバント
ロスバッハ(答)
「ロスバッハの戦い」

ロイテンの戦いは出題されないのでしょうか?

七年戦争(しちねんせんそう、英: Seven Years’ War、独: Siebenjähriger Krieg、1756年-1763年)は、プロイセン及びそれを支援するグレートブリテン王国(イギリス)と、オーストリア(ハプスブルク君主国)・ロシア・フランスなどのヨーロッパ諸国との間で行われた戦争である。
>戦争:七年戦争
年月日:1757年11月5日
場所:ザクセン=アンハルト州 、ロスバッハ
結果:プロイセンの圧勝
>オーストリア継承戦争の結果、ハプスブルク領であったシュレージエンはプロイセンへ帰属した。シュレージエンの奪回を意図したオーストリアのマリア・テレジアは、フランスとの長年の対立関係を解消(外交革命)してフランス、ロシアと結び、プロイセンへの復讐戦を画策した。
折から、1755年9月に北アメリカでフレンチ・インディアン戦争が始まり、フランスとイギリスとの対立はヨーロッパのハノーファーにも飛び火した。この機に乗じてオーストリアが対プロイセンの開戦に踏み切ることが確実な情勢となり、オーストリアの開戦意図を察知したフリードリヒ大王は、予防戦争として先制攻撃に打って出た。
七年戦争 – Wikipedia

ロスバッハの戦い(Schlacht von Roßbach)は、1757年11月5日に行われた七年戦争における会戦である。フリードリヒ大王指揮のプロイセン軍約22,000が、ヨーゼフ・フォン・ザクセン=ヒルトブルクハウゼン及びスービーズ公シャルル・ド・ロアンが指揮する約55,000のオーストリア(ハプスブルク君主国)・ザクセン・フランス連合軍に勝利した。ひと月後に発生するロイテンの戦いとあわせて軍事史上注目される戦いである。
>この戦闘によってフリードリヒ大王の名声は大いに高まり、敵国内からも賞賛の声が聞かれた。戦争に消極的だったイギリスもこの勝利に反応し、プロイセンへの財政援助を決定する。その一方、フランス人であり大王の友人であるヴォルテールは「百年戦争中の数々の敗北も、これほど屈辱的では無かった」と嘆いている。
ロスバッハの戦い – Wikipedia

ロイテンの戦い(ロイテンのたたかい、Schlacht von Leuthen)は、七年戦争中の会戦。フリードリヒ大王指揮のプロイセン軍がオーストリア(ハプスブルク君主国)軍を撃破した。先のロスバッハの戦いとあわせて軍事史上注目される戦い。
>1757年11月5日のロスバッハの戦いにおいて西方からの脅威を減じさせたプロイセン軍は、オーストリア軍を撃破するため間髪いれずシュレージエンに移動した。そのころシュレージェンでは、ダウンの後見の下に皇弟カール公子率いるオーストリア軍が、ブレスラウの戦いに勝利してシュレージエン防衛を任されていたブラウンシュヴァイク=ベーヴェルン公アウグスト・ヴィルヘルム(en, 王妃エリーザベト・クリスティーネの従兄弟)を捕虜とし、ブレスラウを制圧した。そのすぐ後にブレスラウ近郊に到着したフリードリヒ大王軍は、ベーヴェルン軍の残存部隊を収容の後、オーストリア軍に決戦を求めた。
ロイテンの戦い – Wikipedia

1756~63年の普墺の対立を軸とした戦争。関連して英仏が植民地争奪を展開した。
>1756~63年のプロイセン王国とオーストリアの対立を軸に、プロイセンはイギリスと、オーストリアはフランス、ロシアと結び、全ヨーロッパに広がった戦争。同時にイギリスとフランスの植民地における戦争も並行して行われ、世界的な広がりを持つ戦争となった。結果はプロイセンとイギリスの勝利となり、ヨーロッパでのプロイセンと地位を向上させ、イギリスの植民地帝国としての繁栄がもたらされた。同時にこの戦争は絶対王政各国の財政を圧迫し、イギリスからのアメリカ独立戦争、フランスではフランス革命という市民革命が起こる契機となったことが重要である。 → 大西洋革命
七年戦争