「ナポレオン戦争」トルストイ『戦争と平和』の舞台

044TktdILzlFt
トルストイの小説
『戦争と平和』の
背景となっている戦争は
第一次世界大戦である
×(答)
◯ナポレオン戦争

『戦争と平和』(せんそうとへいわ、露: Война и мир[1][2])は、帝政ロシア末期の小説家レフ・トルストイの大河歴史小説。1865年から1869年にかけて雑誌『ロシア報知(英語版)』(露: Русскій Вѣстникъ)で発表されたものである。サマセット・モームは『世界の十大小説』の一つに挙げている。
>19世紀前半のナポレオンによるロシア遠征[3]とその失敗、アウステルリッツの戦いやボロディノの戦いなどの歴史的背景を精緻に描写しながら、1805年から1813年にかけてあるロシア貴族の3つの一族[4]の興亡をピエール・ベズーホフとナターシャの恋と新しい時代への目覚めを点描しながら綴った群像小説である。また登場人物の一人「ピエール・ベズーホフ」が、著者の分身と見られ、彼の没落していくロシア貴族から、大地の上で強く生き続けるロシアの農民の生き様への傾倒へと続く魂の遍歴は、著者の心の動きの反映とも言われる。
戦争と平和 – Wikipedia

戦争と平和
せんそうとへいわ
Voina i mir

ロシアの作家 L.トルストイの長編小説。 1863~69年発表。4編とエピローグから成る。ナポレオン軍がロシアに近づきつつあった 05年から,ナポレオン戦争の時代を通じて多数の登場人物の愛と苦悩を描いた,世界文学史に残る作品。
戦争と平和(せんそうとへいわ)とは – コトバンク

1805年夏,ペテルブルグ.英雄か恐怖の征服者か,ナポレオンの影迫るロシア上流社会の夜会に現れた外国帰りのピエール.モスクワでは伯爵家の少女ナターシャが平和を満喫.だが青年の親友や少女の兄等は戦争への序走に就いていた.愛・嫉妬・野心・虚栄・生死――破格のスケールと人間の洞察.世界文学不朽の名作!  新訳.
QYzbKrwaVD
岩波書店 戦争と平和(一)