相楽総三 『赤報隊』の隊長 偽官軍として処刑

054ywynkRT
060fAKFBiCffR
赤報隊を結成して進軍したものの
偽官軍として処刑された
幕末の志士は?
楽総臣相一
五三真良二
相楽総三(答)
さがらそうぞう

相楽 総三(さがら そうぞう、天保10年(1839年) – 慶応4年3月3日(1868年3月26日))は、江戸時代末期(幕末)の尊皇攘夷派志士。江戸出身。赤報隊隊長。
>慶応4年(1868年)1月、戊辰戦争が勃発すると赤報隊を組織して東山道軍先鋒として活躍。新政府軍に年貢半減令の建白書を提出して認められたため、同令を掲げて京都から江戸を目指して進軍するが、新政府軍の方針変更によって赤報隊が偽官軍とされ、相楽は下諏訪宿で捕縛される。手を下したのは官軍参謀、進藤帯刀である。
>明治3年(1870年)、下諏訪に相楽塚(魁塚)が建立された。長い間、偽官軍の汚名を受けていたが、孫の木村亀太郎の努力により名誉が回復され、昭和3年(1928年)に正五位が贈られ、翌昭和4年(1929年)、靖国神社に合祀された。
引用元: 相楽総三 – Wikipedia

明治維新期に結成された草莽(そうもう)隊の一。関東・東北の脱藩士や豪農商を隊員として相楽総三らによって組織された。年貢半減を掲げて進んだが、のち、偽官軍として処断された。
引用元: 赤報隊 とは – コトバンク