重祚した天皇 「皇極天皇・斉明天皇」「孝謙天皇・称徳天皇」

029RNwRRjhJXf
日本の歴代天皇で
皇極天皇が重祚した後に
名乗ったのは◯◯天皇?
◯の漢字をひらがなで答えなさい
さいめい
「斉明天皇」

ですが
孝謙天皇が重祚した後に
名乗ったのは○○天皇?
◯の漢字をひらがなで答えなさい
しょうとく
「称徳天皇」

095ntOzjwAPZJ
次の歴代女性天皇を
即位した順に選びなさい
推古天皇
皇極天皇
持統天皇
元明天皇
孝謙天皇
明正天皇

女性天皇(じょせいてんのう)は、女性の天皇のこと。古くから女帝(漢音じょてい、呉音にょたい)と呼ばれていたが、皇位継承問題の議論が盛んとなった2004年以降、日本の公文書や報道では「女性天皇」の表現が用いられることが多くなった。
>推古天皇(第33代、在位592年 – 628年) – 第29代欽明天皇の皇女、第30代敏達天皇の皇后
皇極天皇(第35代、在位642年 – 645年) – 敏達天皇の男系の曾孫、第34代舒明天皇の皇后
斉明天皇(第37代、在位655年 – 661年) – 皇極天皇の重祚
持統天皇(第41代、在位686年 – 697年) – 第38代天智天皇の皇女、第40代天武天皇の皇后
元明天皇(第43代、在位707年 – 715年) – 天智天皇の皇女、皇太子草壁皇子(天武天皇皇子)の妃
元正天皇(第44代、在位715年 – 724年) – 草壁皇子の娘、生涯独身
孝謙天皇(第46代、在位749年 – 758年) – 第45代聖武天皇の皇女、女性天皇の中で唯一皇太子からの践祚、生涯独身
称徳天皇(第48代、在位764年 – 770年) – 孝謙天皇の重祚
明正天皇(第109代、在位1629年 – 1643年) – 第108代後水尾天皇の皇女、生涯独身
後桜町天皇(第117代、在位1762年~1770年) – 第115代桜町天皇の皇女、生涯独身
引用元: 女性天皇 – Wikipedia

重祚(ちょうそ)は、一度退位した君主が再び即位することである。一般に中華文明圏の君主について用いられる。
>現在までに重祚した天皇は2人で、皇極天皇が斉明天皇として、孝謙天皇が称徳天皇として、それぞれ重祚している。
>皇極天皇の場合は、子の中大兄皇子(天智天皇)の政治的思惑による時間稼ぎである。孝謙天皇の場合は、自身の政治的な思惑から一度皇位を譲った相手(淳仁天皇)を廃位している。
引用元: 重祚 – Wikipedia