村上春樹『風の歌を聴け』『1973年のピンボール』『羊をめぐる冒険』『海辺のカフカ』翻訳『長いお別れ』喫茶店「ピーター・キャット」多崎つくる「鉄道会社勤務」 村上龍『限りなく透明に近いブルー』(芥川賞)『コインロッカー・ベイビーズ』『テニスボーイの憂鬱』『コックサッカーブルース』『昭和歌謡大全集』

064mFtyQOxlGt
【村上龍】限りなく透明に近いブルー、テニスボーイの憂鬱、コックサッカーブルース
【村上春樹】羊をめぐる冒険、風の歌を聴け、1973年のピンボール、スプートニクの恋人、海辺のカフカ

104jMMYVWZCzc
村上春樹の小説『色彩を持たない
多崎つくると、彼の巡礼の年』の
主人公・多崎つくるが勤めている
のはどんな会社?
銀行
映画会社
鉄道会社(答)
出版社

良いニュースと悪いニュースがある。
多崎つくるにとって駅をつくることは、心を世界につなぎとめておくための営みだった。
あるポイントまでは…。
BookWebPro 和書検索

CIMG6072
作家の村上龍は
芥川賞を受賞している
○(答)『限りなく透明に近いブルー』1976年上半期
×村上春樹


作家の村上龍は、芥川賞受賞作『限りなく透明に近いブルー』が1979年に映画化された際に自ら監督を務めた
○(答)

○×
作家・村上龍の本名は、村上龍之助である
×(答)
○村上龍太郎

CIMG3288
次の文字列を順に選んで
村上春樹の音楽評論集の
タイトルにしなさい
意味
がなければ
スイング
はない

タイトルは、デューク・エリントンの作品「スイングがなければ意味はない (It Don’t Mean a Thing If It Ain’t Got That Swing) 」に由来する。あとがきで村上は「ただの言葉遊びでこのタイトルをつけたわけではない」「この場合の『スイング』とは、どんな音楽にも通じるグルーヴ、あるいはうねりのようなものと考えていただいていい」と述べている。
意味がなければスイングはない – Wikipedia

◯×
村上春樹がデビュー当時に経営していたジャズ喫茶の名前は「ピーター・キャット」である
○(答)

「ピーター・キャット」のお客でした 村上さんにちょっと話したいこと
マスター、こんにちは。
モダンの橋本さんに、癒やされる場所があるときき、国分寺のピーター・キャットを訪れて
最高に美味しい薄味の肉じゃがに励まされ「もうすこし、この地で頑張ろう」って。
「ピーター・キャット」のお客でした – 村上さんのところ/村上春樹 期間限定公式サイト


次の文字列を順に選んで谷崎潤一郎賞を受賞した村上春樹の小説のタイトルにしなさい
世界の終わりと
ハードボイルド
ワンダー
ランド

CIMG9087TRNzrkFclCSQ
次のうち
村上春樹が翻訳して出版した
海外の小説を全て選びなさい
✕『サンクチュアリ』 フォークナー 加島祥造訳
○『ロング・グッドバイ』 チャンドラー 村上春樹訳
◯『グレート・ギャツビー』 フィッツジェラルド 村上春樹訳 

◯『キャッチャー・イン・ザ・ライ』 サリンジャー 村上春樹訳
◯『大いなる眠り』 チャンドラー 村上春樹訳
◯『空飛び猫』 ル=グウィン 村上春樹訳
◯『ニュークリア・エイジ』 オブライエン 村上春樹訳
×『シスター・キャリー』 ドライサー 村山敦彦訳
×『ブラック・ダリア』 エルロイ 吉野美恵子訳
×『ゲド戦記』 ル=グウィン 清水真砂子訳
✕『北回帰線』 ヘンリー・ミラー 本田康典訳
×『ガープの世界』 アーヴィング 筒井正明訳
×『ラスト・タイクーン』 フィッツジェラルド 大貫三郎訳

◯×
2007年に早川書房から刊行されたレイモンド・チャンドラーの名作『ロング・グッドバイ』の訳を担当したのは村上春樹である
○(答)
×村上龍

私立探偵のフィリップ・マーロウは、億万長者の娘シルヴィアの夫テリー・レノックスと知り合う。あり余る富に囲まれていながら、男はどこか暗い蔭を宿していた。何度か会って杯を重ねるうち、互いに友情を覚えはじめた二人。しかし、やがてレノックスは妻殺しの容疑をかけられ自殺を遂げてしまう。が、その裏には悲しくも奥深い真相が隠されていた……村上春樹の新訳で話題を呼んだ新時代の『長いお別れ』が文庫版で登場
ロング・グッドバイ | 種類,ミステリ文庫 | ハヤカワ・オンライン

023ytoYTDemZR
チャンドラーの推理小説で
「ギムレットに早すぎる」
という名セリフが登場するのは?
『さらば愛しき女よ』
『大いなる眠り』
『長いお別れ』(答)
『湖中の女』
「ギムレットには早すぎる」 チャンドラー『長いお別れ』中の名セリフ | わかればいいのに I wish I knew

CIMG0388eyPATQqydqRq
次の文字列を順に選んで
村上龍の小説の
タイトルにしなさい
コック
サッカー
ブルース
『コックサッカーブルース』

オレは小さな出版社のオーナー。ところが、秘密のSMパーティーに巻き込まれ、ある女を始末しなければオレの命が危くなった…。性的フリークスたちを描く長編小説。
コックサッカーブルース| 村上 龍| 集英社文庫(日本)|BOOKNAVI|集英社

cocksucker
【名詞】
1馬鹿で苛立たしくあほらしい人々に対して向けられる侮辱的言葉
(insulting terms of address for people who are stupid or irritating or ridiculous)
2フェラチオを行う人
(a person who performs fellatio)
cock suckerの意味 – 英和辞典 Weblio辞書

CIMG5764
村上龍の小説
少年6人とおばさん6人
壮絶な復讐合戦
松田龍平主演で映画化
『希望の国のエクソダス』
『五分後の世界』
『昭和歌謡大全集』(答)
『69 sixty nine』

村上 春樹(むらかみ はるき、1949年1月12日 – )は、日本の小説家、アメリカ文学翻訳家。京都府京都市伏見区に生まれ、兵庫県西宮市・芦屋市に育つ。
早稲田大学第一文学部演劇科在学中にジャズ喫茶を開く。1979年、『風の歌を聴け』で群像新人文学賞を受賞しデビュー。当時のアメリカ文学から影響を受けた文体で都会生活を描き注目を浴びた。
1987年発表の『ノルウェイの森』は上下430万部を売るベストセラーとなり、これをきっかけに村上春樹ブームが起きる。その他の主な作品に『羊をめぐる冒険』『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』『ねじまき鳥クロニクル』『海辺のカフカ』『1Q84』などがある。
>デビュー以来、翻訳も精力的に行い、スコット・フィッツジェラルド、レイモンド・カーヴァー、トルーマン・カポーティー、レイモンド・チャンドラーほか多数の作家の作品を訳している。また、随筆・紀行文・ノンフィクション等も出版している。
>代表作 『風の歌を聴け』(1979年)
『羊をめぐる冒険』(1982年)
『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(1985年)
『ノルウェイの森』(1987年)
『ねじまき鳥クロニクル』(1994年・1995年)
『アンダーグラウンド』(1997年、ノンフィクション)
『海辺のカフカ』(2002年)
『1Q84』(2009年・2010年)
村上春樹 – Wikipedia

村上 龍(むらかみ りゅう、1952年2月19日 – )は、日本の小説家、映画監督。長崎県佐世保市出身。血液型はO型。武蔵野美術大学在学中の1976年、麻薬とセックスに溺れる自堕落な若者たちを描いた『限りなく透明に近いブルー』で群像新人文学賞、及び芥川龍之介賞を受賞。ヒッピー文化の影響を強く受けた作家として、村上春樹と共に時代を代表する作家と目される。代表作に、『コインロッカー・ベイビーズ』『愛と幻想のファシズム』『五分後の世界』『希望の国のエクソダス』『半島を出よ』など。
自身の小説を元に映画製作も行なう。1999年より、日本の金融・政治経済関連の問題を考えるメールマガジン『JMM』を主宰、以後、暗部に潜む政治経済関連の問題など時事報道に対してコメントするなど、文壇以外の世界にも積極的に関わっている。
>代表作 『限りなく透明に近いブルー』(1976年)
『コインロッカー・ベイビーズ』(1980年)
『愛と幻想のファシズム』(1987年)
『五分後の世界』(1994年)
『イン ザ・ミソスープ』(1997年)
『希望の国のエクソダス』(2000年)
『半島を出よ』(2005年)
村上龍 – Wikipedia