平安時代の事件「薬子の変」「承和の変」「応天門の変」「安和(あんな)の変」 ゴロ・藤原氏の他氏排斥は「苦情多くて明日が不安」

035ixmmxlkYhS
次の平安時代の事件を
古い順に選びなさい
薬子の変 810「平城(へいぜい)上皇らの抗争」薬子は自殺
承和の変 842「藤原氏の他氏排斥」伴健岑(とものこわみね)橘逸勢(たちばなのはやなり)失脚
応天門の変 866「藤原氏の他氏排斥」伴善男(とものよしお)流罪
安和の変 969「藤原氏の他氏排斥」源高明(みなもとのたかあきら)失脚

ゴロ「苦情多くて明日が不安」
あわせて藤原関連の復習です。
平城(へいぜい)天皇は読みにも注意。

IMG_1019VVxufJVFaNyB
810年に起きた薬子の変で
嵯峨天皇との権力争いに敗れ
出家したのは○○上皇?
○の漢字をひらがなで答えなさい
へいぜい
平城上皇

CIMG6802
藤原式家の祖である藤原宇合うの
長男で、奈良時代の740年に
九州の大宰府において反乱を
起こしたのは藤原◯◯?
百継
種成
仲川
広嗣(答)
「藤原広嗣の乱」

1 藤原北家の発展

 藤原北家の台頭は、外戚政策と他氏排斥がベース。
 普通は事件名の順番を覚えて、それに関係する藤原北家の人物をかましていく。

 『薬子の変→承和の変→応天門の変→阿衡の紛議→菅原道真左遷→安和の変』

 「苦情多くて、あすが不安」をはじめとして、いろいろな語呂合わせがある。基本中の基本なのでとにかく覚えること。
(エピソード「藤原氏、受験には出ない人物像」)
 外戚政策とは、「娘を天皇に入内させ(天皇の后にして)、生まれた皇子を天皇にする」(丸暗記!)ことによって、天皇の母親方の親戚になることである。
解説「摂関政治の確立」