「斎藤伝鬼坊」剣術「天流」の祖「天狗」 「サルタヒコ」天狗の原型 「天狗党の乱」武田耕雲斎「1864元治甲子の変」水戸藩の尊王攘夷派(天狗党)ら

016pBLcvgOYrR
そのいでたちから
「天狗」と怖れられた
剣術の「天流」の祖は?
藤伝斎鬼坊
斎藤伝鬼坊(答)
さいとうでんきぼう

「天狗」」つながりを復習します。

artMEqc37Z7m
1864年
水戸藩
武田耕雲斎や藤田小四郎
筑波山事件
天誅組の変
八月十八日の政変
天狗党の乱(答)
生野の変
引用元: 「生野の変」尊王攘夷派平野国臣が但馬国生野で挙兵 「八月十八日の政変」京都から尊王攘夷派を追放したクーデター 「天狗党の乱」藤田小四郎「筑波山事件」 | わかればいいのに I wish I knew.

CIMG3936
日本神話
天狗の原型とされる
貝に手を挟まれて溺死
天孫降臨の際に道案内をする
ツクヨミノミコト
オオクニヌシノミコト
サルタヒコ(答)
クシナダヒメ

斎藤 伝鬼房(さいとう でんきぼう、天文19年(1550年) – 天正15年(1587年))は戦国時代から安土桃山時代にかけての剣豪、武術家。天流剣術の創始者。俗名、斎藤勝秀。名は忠秀とも。幼名、金平。のちに主馬之助。入道して伝鬼房、または伝輝坊、伝記入道と称した。
>常州真壁郡新井手村(現茨城県筑西市明野)の生まれ。父の代より北条氏康に仕え、小番衆(近習)を勤めたため、相州生まれとされることもある。幼年より刀槍の術を好み、塚原卜伝に弟子入りして新当流を学んだ。
>天流の開創[編集]
通説では、天正9年(1581年)11月、伝鬼31歳のとき、鎌倉の鶴岡八幡宮で参籠中に修験者と出会い、ともに術について語り合い、実際に試合して吟味などするうちに一夜が明けた。伝鬼が修験者の刀術、流名を尋ねると、修験者は黙って太陽を指さして立ち去った。このことから、覚えた秘剣に「天流」と名付けたという。
引用元: 斎藤伝鬼房 – Wikipedia.

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説
斎藤伝鬼房
さいとうでんきぼう
(1550―1587)

戦国末期の剣術家、天流・天道(てんどう)流の祖。常陸(ひたち)(茨城県)の生まれで、主馬助勝秀(しゅめのすけかつひで)と称した。初め塚原卜伝(ぼくでん)について新当(しんとう)流を学び、1581年(天正9)鎌倉の鶴岡八幡宮(つるがおかはちまんぐう)に百日参籠(さんろう)して秘術を開悟し、天流と称して諸国を歴遊した。京都に上って一刀三礼の太刀(たち)を天覧に供し、判官に叙任して自ら井手判官入道伝鬼房と称した。帰国後、関東各地を巡回教授したが、38歳で真壁入道道無に謀殺された。[渡邉一郎]
引用元: 斎藤伝鬼房(さいとう でんきぼう)とは – コトバンク.