「帆立貝形古墳」乙女山(おとめやま)古墳などの古墳の一形式 「箸墓古墳」卑弥呼の墓説もある纒向(まきむ)遺跡内の古墳

302FKJkMwPWbs304xxADKGaAPI
乙女山古墳などに代表されるのは
「◯◯貝型古墳」?
ほたて(答)
「帆立貝形古墳」

photo8dvpBYXHSJy
帆立貝式古墳の三吉石塚古墳
【牧野古墳】丘陵奥部にある直径約50mの大型円墳で、墳丘は3段築成で造られ、2段目には全長17.1mを測る大型横穴式石室が開口しています。玄室内には奥壁に沿って横向きに家形石棺が置かれ、金環と各種の玉類、馬具は二組分出土しています。武器は銀装の太刀と400本近い鉄鏃があり、石室入り口には総数58点の須恵器がありました。6世紀末葉の古墳で舒明天皇の父にあたる押坂彦人大兄皇子の成相墓とされています。
引用元: 全国町村会 | 町村のとりくみ.

299VhfAuylAyF
邪馬台国の女王・卑弥呼の墓
という説もある奈良県の古墳
箸墓古墳
はしはかこふん(答)

帆立貝形古墳(ほたてがいけいこふん/ほたてがいがたこふん)または帆立貝式古墳(ほたてがいしきこふん)は、古墳の一形式で、円丘に小さな方形の張り出しをつけて全体の平面形が帆立貝形になる古墳の総称である。
>この形式の古墳には、(1) 円墳に方形の造り出しがつくものと(2) 前方後円墳の前方部が短小化したものとの二種類があるが、実際には判断の困難な場合が少なくない。前者には奈良県の乙女山古墳があり、後者には群馬県の赤堀茶臼山古墳があげられる。前者は、ほぼ中期初頭に出現し、前方後円墳に造り出しがつく時期と一致し、円墳に祭祀の場として造り出しを付設したものと理解することができる[1]。
引用元: 帆立貝形古墳 – Wikipedia.

箸墓古墳(はしはかこふん、箸中山古墳)は、奈良県桜井市にある前方後円墳[2]。
宮内庁により「大市墓(おおいちのはか)」として第7代孝霊天皇皇女の倭迹迹日百襲姫命の墓に治定されている。また「箸中大池」としてため池百選の1つに選定されている。
>纒向遺跡の箸中に所在する箸中古墳群の盟主的古墳であり、出現期古墳の中でも最古級と考えられている3世紀半ばすぎの大型の前方後円墳。この古墳を、『魏志』倭人伝が伝える倭国の女王、「卑弥呼」の墓とする(一部の邪馬台国畿内説)説もある。
引用元: 箸墓古墳 – Wikipedia.