「鼻毛を読む」女性が自分に惚れている男性をもてあそぶ「眉を読む」表情から本心を読む「鼻毛を抜く」出し抜く「鼻の下を伸ばす」女性に甘くする

207YcYXYmEjEo
女が自分に溺れている男を
いいようにもてあそぶことを
「鼻筋を読む」という
×(答)
◯「鼻毛を読む」

「鼻の下を伸ばす」から「鼻毛」を連想できればいいですね。

鼻毛(はなげ)を読・む【鼻毛を読む】

女が、自分にほれている男を思うように操る。鼻毛を数える。
引用元: 鼻毛を読む(ハナゲヲヨム)とは – コトバンク.

今回は、体の一部を表すことばが使われていることわざや慣用句のクイズです。早速第一問!江戸時代から使われる『鼻毛を読む』ということわざがあります。「鼻毛を数える」ともいいますが、その意味は?〔①うそをつく…鼻毛は数が多いのでごまかすことに通じた②つけを払う…つけがたまると店主が怒り、鼻の穴がふくらんだ③男性を翻弄する…女性の手の内に入り、鼻毛が見えるほど鼻の下がのびてしまった〕さて正解は〔③男性を翻弄する〕です。江戸時代のことわざ集『諺臍の宿替』に「鼻毛よむ人」とあり、女性が男性の鼻毛を数えている面白い挿絵とともに、「おまえさんの眉毛は読んでいるのに、まだ鼻毛は読んでいないので、一度読ましておくれ」という内容が書かれています。『眉毛を読む』は、【心の中を見透かすこと】。さらに、隠れているその鼻毛まで読ませて!という内容なのです。
引用元: クイズ~体にちなんだ表現~ - トクする日本語 - NHK アナウンスルーム.

デジタル大辞泉の解説
眉(まゆ)を読・む【眉を読む】

顔の表情から、人の心を推しはかる。
引用元: 眉を読む(マユヲヨム)とは – コトバンク.

デジタル大辞泉の解説
鼻毛(はなげ)を抜・く【鼻毛を抜く】

相手をだます。出し抜く。
「―・かれて家産を蕩尽しても」〈魯庵・社会百面相〉
引用元: 鼻毛を抜く(ハナゲヲヌク)とは – コトバンク.

デジタル大辞泉の解説
鼻(はな)の下(した)を伸ば・す【鼻の下を伸ばす】

好色そうな顔つきをする。女性に甘いようすについていう。鼻の下を長くする。「女性に優しくされてつい―・す」
引用元: 鼻の下を伸ばす(ハナノシタヲノバス)とは – コトバンク.