古代インド叙事詩『マハーバーラタ』『ラーマーヤナ』 ラージプート時代の叙事詩『プリトゥヴィーラージラーソ』

023EDJFEcoxxX
詩人バールミーキが
書いたとされている
『マハーバーラタ』と並ぶ
古代インドの叙事詩は?
ントタナヤ
マッーラカ
ラーマーヤナ(答)
Rāmāyana

CIMG4367
次の文字を順に選んで
ラージプート時代のインドで
書かれた叙事詩の
題名にしなさい
プリトゥ
ヴィー
ラージ
ラーソー
『プリトゥヴィーラージラーソー』
Prithviraj Raso

『マハーバーラタ』(サンスクリット語: महाभारतम् Mahābhārata)は、古代インドの宗教的、哲学的、神話的叙事詩。ヒンドゥー教の聖典のうちでも重視されるものの1つで、グプタ朝の頃に成立したと見なされている[1]。「マハーバーラタ」は、「バラタ族の物語」という意味であるが、もとは単に「バーラタ」であった。「マハー(偉大な)」がついたのは、神が、4つのヴェーダとバーラタを秤にかけたところ、秤はバーラタの方に傾いたためである[2]。
>世界3大叙事詩の1つとされる(他の2つは、イーリアス、オデュッセイア)。『ラーマーヤナ』と並び、インド2大叙事詩の1つでもある。
引用元: マハーバーラタ – Wikipedia.

『ラーマーヤナ』(Rāmāyana、サンスクリット:रामायण 英語 en:Ramayana)は、古代インドの大長編叙事詩。成立は紀元3世紀。サンスクリットで書かれ、全7巻、総行数48,000行に及ぶ。ヒンドゥー教の聖典の一つであり、『マハーバーラタ』と並ぶインド2大叙事詩の1つである。ラーマーヤナの意味は「ラーマ王行状記」。
コーサラ国のラーマ王子が、誘拐された妻シーターを、ラークシャサの王ラーヴァナから奪還する物語を描いている。
引用元: ラーマーヤナ – Wikipedia.

The Prithviraj Raso (Hindi: पृथ्वीराज रासो, Rajasthani: पिरथबीराज रासो) or Prithvirajaraso, is an epic poem composed by court poet, Chand Bardai, on the life of Prithviraj III, a Chauhan king who ruled Ajmer and Delhi between 1165 and 1192. Chand Bardai claimed to be contemporary of Prithviraj Chauhan.

The Prithviraj Raso is a semi-historical, semi-legendary account that depicts the bravery of Prithviraj Chauhan. The legend exaggerates the historical events for dramatic effects. Its historicity is considered unreliable by historians.[1]
引用元: Prithviraj Raso – Wikipedia, the free encyclopedia.

チャンド・バルダーイー
Cand Bardāī

インド,ヒンディー語の詩人。12世紀在世。叙事詩的年代記『プリトビーラージラーソー』Pṛithvīrāj Rāso(12世紀末。→プリトビーラージ)の作者として知られる。
引用元: チャンド・バルダーイー(チャンド・バルダーイー)とは – コトバンク.