東京、栃木、岩手、石川

784vfOtAdr
次の現在の県のうち、松尾芭蕉が
『奥の細道』の中で句を詠んだ
場所があるものを全て選びなさい
1(答)石川県
2青森県
3(答)岩手県
4(答)栃木県

石川県や岩手県とかぶりますが、NAI(ない)「長野」「青森」「茨城」を外しましょう。

199ICwzekGtvX
次の現在の県のうち、松尾芭蕉が
『奥の細道』の中で詠んだ
場所があるものを全て選びなさい
1(答)石川県
2 青森県
3(答)東京都
4 長野県
栃木県(答)
岩手県(答)
茨城県

169xTTwkKIFsI
次の現在の県のうち、松尾芭蕉が
『奥の細道』の中で詠んだ
場所があるものを全て選びなさい
1(答)岩手県
2茨城県
3(答)栃木県
4 青森県


次の現在の県のうち、松尾芭蕉が
『奥の細道』の中で詠んだ
場所があるものを全て選びなさい
1岩手県(答)
2長野県
3茨城県
4青森県
27%

ウィキペディアを参考に主な箇所を地図にまとめました

【文・多答】1234(岩手、栃木、東京、石川)
行程は、東京→栃木→福島→宮城→岩手→山形→秋田→新潟→富山→石川→福井→岐阜
QMAでの正答は恐らくこの4つで、ダミーは青森、茨城、群馬、長野の4つでしょうか?
引用元:リリィ@マヤさんはTwitterを使っています: “【文・多答】1234(岩手、栃木、東京、石川) 行程は、東京→栃木→福島→宮城→岩手→山形→秋田→新潟→富山→石川→福井→岐阜 QMAでの正答は恐らくこの4つで、ダミーは青森、茨城、群馬、長野の4つでしょうか? #リリィQMA文 http://t.co/B4zYaTfsys” https://twitter.com/lily_qma/status/655944152715161601/photo/1

『おくのほそ道』(おくのほそみち)は、元禄文化期に活躍した俳人松尾芭蕉による紀行文。元禄15年(1702年)刊。日本の古典における紀行作品の代表的存在であり、芭蕉の著作中で最も著名で「月日は百代の過客にして、行きかふ年も又旅人也」という序文より始まる。
>芭蕉が、ほとんどの旅程で弟子の河合曾良を伴い、元禄2年3月27日(新暦1689年5月16日)に江戸深川の採荼庵(さいとあん)を出発し(行く春や鳥啼魚の目は泪)、全行程約600里(2400キロメートル)、日数約150日間で東北・北陸を巡って元禄4年(1691年)に江戸に帰った。「おくのほそ道」では、このうち武蔵から、下野、岩代、陸前、陸中、陸奥、出羽、越後、越中、加賀、越前を通過して旧暦9月6日美濃大垣を出発するまでが書かれている(蛤のふたみにわかれ行秋ぞ)。曾良の随行日記も、没後数百年を経て曾良本と共に発見されている。
引用元: おくのほそ道 – Wikipedia

奥の細道歩き旅 全行程図

松尾芭蕉の旅 おくのほそ道 [行程地図(標準)]