元禄赤穂事件の「松の廊下」江戸城内の大廊下 浅野内匠頭が吉良上野介を切る

170IZMYHjJFto
次のうち
浅野内匠頭(あさのたくみのかみ)が吉良上野介(きらこうずけのすけ)を
切りつけた「松の廊下」が
あったのはどっち?
(動画選択肢)
A小田原城?
B江戸城

Aは小田原城でしょうか?

CIMG1897
次のうち
小田原城はどれ?
(動画選択肢)
1小田原城(答)
2皇居(江戸城)
3弘前城
4五稜郭

CIMG1898
CIMG1899
CIMG1900

元禄赤穂事件(げんろくあこうじけん)は、江戸時代中期の元禄期に発生した赤穂浪士にまつわる事件。
>元禄14年3月14日(西暦1701年4月21日)に播磨赤穂藩主の浅野長矩(内匠頭)が、高家旗本・吉良義央(上野介)に対して江戸城殿中において刃傷に及ぶも失敗し、殿中抜刀の罪で即日切腹・赤穂藩改易となったが、浅野の遺臣である大石良雄(内蔵助)以下、赤穂浪士47名(四十七士)が翌元禄15年12月14日(1703年1月30日)深夜に吉良屋敷に討ち入り、吉良義央を討ち、その後幕命により切腹となった事件である。
この事件は一般に「忠臣蔵」としても知られているが、この名称は、架空の人物・大星由良助義金を中心に作られた創作である人形浄瑠璃と歌舞伎の『仮名手本忠臣蔵』の通称、およびそこから派生したさまざまな作品群の総称であり、本来は本件自体を指す語ではない。
>3月14日(4月21日)、勅使、院使が江戸城に登城して将軍綱吉が先の勅宣と院宣に対して返事を奏上するという奉答の儀が江戸城本丸御殿白書院にて執り行われる予定になっていた。同日巳の刻(午前9時過ぎ)、江戸城本丸御殿の大広間から白書院へとつながる松之大廊下(現在の皇居東御苑)において吉良義央と留守居番梶川頼照が居合わせた所へ、突然、浅野長矩が吉良義央に対して背後から小刀にて叫び声をあげながら斬りかかった。吉良は背後から背中を斬られ、「これはなんと」と振り向いたところを額を2回切りつけられ、気を失ってうつ伏せに倒れた。梶川頼照がすぐさま浅野を取り押さえ、居合わせた品川伊氏(豊前守)、畠山義寧(下総守)ら他の高家衆が吉良を蘇鉄の間に運んだ。
引用元: 元禄赤穂事件 – Wikipedia.

松之大廊下(まつのおおろうか)は、江戸城内にあった大廊下のひとつ。本丸御殿の大広間から将軍との対面所である白書院に至る全長約50m、幅4mほどの畳敷の廊下。廊下に沿った襖に松と千鳥の絵が描かれていたことから松之大廊下と称された。ただし、「江戸御城内御住居之図」の当該部分には「松ノ御廊下」と記され、「マツノヲンロウカ」と読み仮名が振られる(ライデン大学図書館蔵、『長崎出島からの旅 ヨーロッパに眠る日本の宝 シーボルト・コレクション』(シーボルト・カウンシル編、1990年)140頁に写真所収)。
元禄14年(1701年)3月14日午前10時頃、赤穂藩主で勅使饗応役であった浅野長矩がこの廊下で高家肝煎の吉良義央に斬りつけた事件で一般的にも有名である。
引用元: 松之大廊下 – Wikipedia.