「一色青梅遺跡」いっしきあおかいいせき 愛知県の遺跡 弥生時代

045dePBKgNqjA
2010年に日本最古の色付きの絵が
出土したのは愛知県の「?遺跡」
一色青海
いっしきあおかい

「青海」が「あおうみ」でもなく「せいかい」でもなく.
遺跡で会おうかい(あおかい)で.

愛知県埋蔵文化財センターは23日、同県平和町須ケ谷にある弥生時代中期(紀元前1世紀ごろ)の「一色青海4 件遺跡」から、弥生時代最大級の大型掘立柱(ほったてばしら)建物跡が出土したと発表した。  同センターの樋上昇調査研究員は「これまで発見された大型掘立柱建物跡では、同じく弥生時代中期の大阪の池上曽根遺跡などに次ぐ最大級の規模。大きさから地域の有力者が住居や集会所、倉庫などに使用していた可能性がある」としている。
引用元: 最大級の掘立柱建物跡出土 愛知県の一色青海遺跡.

日本の地名がわかる事典の解説
〔愛知県〕一色青海町(いしきあおかいちょう)
愛知県稲沢市にある地名。
引用元: 愛知県稲沢市一色青海町(いしきあおかいちょう)とは – コトバンク.