「キュニク学派」シニカル語源「アカデメイア」プラトン「リュケイオン」アリストテレス「キュルノサルゲス」キュニコス派

070mnGtdoJ
「冷笑的な」という意味の単語
「シニカル」の語源となった
古代ギリシャの哲学の一派は
◯◯◯◯学派?
イュトオア
クミキレニ
キュニク(答)
「キュニク学派」
34%


古代ギリシャの哲学の一派
アンティステネスが創始
別名「犬儒学派」
「シニカル」の語源
キュニク学派(答)

002WAtRakzzyE
古代ギリシャの哲学者
プラトンがアテネに開いた
学園の名前は?
リデンュオ
カアケメイ
アカデメイア(答)

プラトン「アカデメイア」
アリストテレス「リュケイオン」
アンティステネス「キュルノサルゲス」(キュニコス派)

CIMG0363ZrSFfHArVaQf
フランスの国立高等学校を指す
名称「リセ」の語源でもある
古代ギリシャの哲学者
アリストテレスが開いた学園は?
リュケイオン(答)

CIMG2217oSpARXRZprqr
医療機関の紋章としてよく
用いられる、ギリシャ神話の
ヘルメスが持つ、2匹の蛇が
巻き付いた黄金の杖は?
ュオケケイリン
ケリュケイオン(答)
引用元: 「ギルス」guilth『超執刀カドゥケウス』謎の奇病 「ケリュケイオン」カドゥケウスの杖「医療機関の象徴」 「アギト」津上翔一「G3」氷川誠「ギルス」葦原涼「アナザーアギト」木野薫 | わかればいいのに I wish I knew.

052xLmlRiMnni
次の文字列を順に選んで
アニメ『BLOOD+』で
小夜が潜入したベトナムの
女学校の名前にしなさい
リセ
ドゥ
サンク
フレシュ
「リセドゥサンクフレシュ」
引用元: 「リセドゥサンクフレシュ」 『BLOOD+』ベトナムの女学校 Lycée(リセ「高校」) de Cinq(5つの) flèche(矢) | わかればいいのに I wish I knew.

キュニコス派(きゅにこすは)は、ソクラテスの弟子であるアンティステネスを祖とするヘレニズム期の古代ギリシアの哲学の一派である。シニシズム(シニスム)、キニク学派(キニク派)、犬儒学派(犬儒派、犬のような乞食生活をしたから[1])ともいう。
ヘレニズム期の他の学派同様、倫理哲学にその特色をもつ。禁欲を重視するところではストア派とも通じるが、より実践を重んじ認識論的展開を見せなかった。無為自然を理想として、現実社会に対しては諦めた態度を取っており、古典期の社会(ポリス)参加を重視する倫理思想と大きく異なる。シノペのディオゲネスが有名である。「嘲笑する、皮肉屋な、人を信じない」という意味の「シニカル」という語は、キュニコス派を指す英語 cynicを形容詞化したcynicalに由来する。
引用元:キュニコス派 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%8B%E3%82%B3%E3%82%B9%E6%B4%BE

Cynicism (Greek: κυνισμός) is a school of Ancient Greek philosophy as practiced by the Cynics (Greek: Κυνικοί, Latin: Cynici). For the Cynics, the purpose of life was to live in virtue, in agreement with nature. As reasoning creatures, people could gain happiness by rigorous training and by living in a way which was natural for themselves, rejecting all conventional desires for wealth, power, sex and fame. Instead, they were to lead a simple life free from all possessions.
引用元:Cynicism (philosophy) – Wikipedia, the free encyclopedia https://en.wikipedia.org/wiki/Cynicism_(philosophy)

アカデメイア(希: Ἀκαδημ(ε)ια、Akadēm(e)íā)は、古代ギリシアのアテナイ北西部郊外にあった、英雄アカデモスの聖林(森)に因む神域であり、リュケイオン、キュノサルゲス等と並ぶ、代表的なギュムナシオン(体育場)の所在地でもあった。
青年たちの教育に熱心だったソクラテスは、足繁くこのアカデメイアやリュケイオンのギュムナシオン(体育場)の青年たちを見て回っていたことが、プラトンの対話篇『リュシス』などにも描かれている。
>紀元前387年、プラトンがここに学園を開設したため、この地名「アカデメイア」がそのまま学園名として継承された。(アリストテレスの「リュケイオン」も同様。)
引用元: アカデメイア – Wikipedia.

リュケイオン(希: Λύκειον, Lykeion)は、アテナイの東部郊外に所在したアポロン・リュケイオス(Apollon Lykeios)[1]の神殿があった神域であり、アカデメイア、キュノサルゲス等と並ぶ、代表的なギュムナシオン(体育場)の所在地でもあった。
青年たちの教育に熱心だったソクラテスは、足繁くアカデメイアやこのリュケイオンのギュムナシオン(体育場)の青年たちを見て回っていたことが、プラトンの対話篇『リュシス』などにも描かれている。
引用元: リュケイオン – Wikipedia.

キュノサルゲス(希: Κυνόσαργες、Cynosarges)は、アテナイの城壁の外に隣接し、イリソス川の南の丘にあった公共の体育場(ギュムナシオン)。
名称は cynos と argos に由来し、「白い犬」または「すばしこい犬」を意味する。伝説によれば、アテナイのディディモス (Didymos) がたくさんの生贄を捧げていたとき、白い(またはすばしこい)犬が現れて捧げ物を盗んで逃げた。ディディモスが驚いていると神託があり、その犬が捧げ物を落とした場所にヘーラクレースの神殿を建てよ、と告げた[1]。
>キュノサルゲスはキュニコス派のアンティステネスが講義をした場所と言われており、キュニコス派という名称の由来の1つとされている[6]。
引用元: キュノサルゲス – Wikipedia.