「フタバガキ科」沙羅双樹 「クシナガラ」釈迦が死んだ地「ブッダガヤ」釈迦が悟りを開いた地「ルンビニ」釈迦誕生

064zaDMdOiaho
沙羅双樹は
◯◯◯◯◯科に属する?
シバタモガ
イマヤキフ
フタバガキ(答)
「フタバガキ科」

沙羅双樹つながりで釈迦問題も

CIMG80455pc4dB73y1nI
次の仏教の八大聖地とその説明の
正しい組み合わせを選びなさい
サンカーシャ───釈迦が昇天した地
クシナガラ───釈迦が死んだ地
ブッダガヤ───釈迦が悟りを開いた地
サールナート───釈迦が初めて説教した地
ルンビニ───釈迦が生まれた地

フタバガキ科(フタバガキか、学名: Dipterocarpaceae)は双子葉植物の科で、世界の熱帯に自生する(日本にはない)。常緑高木600種前後からなり、3亜科17属ほどに分けられる。
特に熱帯雨林に多い樹種で、木材はラワン材として利用されているが、生長が遅いため乱伐や乱開発により絶滅が危惧されるものも少なくない。また有名なサラソウジュ(娑羅双樹)もこの科に属する。
フタバガキ(Dipterocarpus属の総称)という和名は、柿のような形をした果実に羽根突きの羽のようながくが2枚ついていることによる(学名も「羽の2枚ある実」の意味)。
引用元: フタバガキ科 – Wikipedia.

サラソウジュ[1](沙羅双樹、娑羅双樹、学名: Shorea robusta)は、フタバガキ科Shorea属の常緑高木。シャラソウジュ、サラノキ、シャラノキともいう。
ラワンの一種レッドラワン(S. negrosensis)と同属である。
>耐寒性が弱く、日本で育てるには温室が必要である。日本では温暖な地域の仏教寺院や植物園に植えられている程度である。各地の寺院では本種の代用としてツバキ科のナツツバキが植えられることが多い。そのためナツツバキが「沙羅双樹」と呼ばれることもあるが、本種とはまったくの別種である。
>仏教三大聖樹[編集]
無憂樹(マメ科):釈迦が生まれた所にあった木
印度菩提樹(クワ科):釈迦が悟りを開いた所にあった木
娑羅樹(フタバガキ科):釈迦が亡くなった所にあった木
引用元: サラソウジュ – Wikipedia.