『好色一代女』も書いている 井原西鶴

005GkLRAKqODM
『好色一代男』を書いた
江戸時代の作家・井原西鶴は
『好色一代女』も書いている
◯(答)

ヘンリー・ミラーは『北回帰線』も書いています
『西洋道中膝栗毛』は仮名垣魯文・総生寛(ふそうかん)

047lfYEKnrOCz
小説『北回帰線』『南回帰線』
を書いたアメリカの作家は
◯◯◯◯・ミラー?
◯を答えなさい
ヘンリー
「ヘンリー」・ミラー

ですが
戯曲『セールスマンの死』
を書いたアメリカの作家は
◯◯◯◯・ミラー?
◯を答えなさい
アーサー
「アーサー」・ミラー


ヘンリー・ミラーは
『北回帰線』の他に
『南回帰線』も書いている
引用元: 「ヘンリー」・ミラー『北回帰線』『南回帰線』「アーサー」・ミラー『セールスマンの死』『るつぼ』レヴィ=ストロース『悲しき熱帯』『悲しき南回帰線』 | わかればいいのに I wish I knew.

『好色一代女』(こうしょくいちだいおんな)は、井原西鶴作の浮世草子である。6巻6冊。1686年(貞享3)刊。
>都に住む当世男が、友人とともに、西嵯峨に行き、草庵の主である老女に会って、生涯の思い出話を聞くという趣向である。その内容は、堂上家の姫君に生まれた一代女がその道を踏み外して、悦楽と苦悩とのないまぜになった売春生活の末に次第次第に転落し、太夫から天神、私娼へと堕ちてゆく。いくたびかその境遇から這い上がろうとして、しかしみずからの性質から、失敗するというもの。
引用元: 好色一代女 – Wikipedia.

世界大百科事典 第2版の解説
こうしょくいちだいおんな【好色一代女】

浮世草子。井原西鶴作。1686年(貞享3)刊。6巻24章。嵯峨の好色庵に隠棲している老女が,訪れて来た2人の若者のもとめに応じて,その身一代の好色生活を語るという趣向のもとに展開する作品。11歳で公家奉公に出るが不義をはたらいて追い出され,踊子,大名の妾などをしたあと,島原の遊女となり,最高位の太夫をふりだしに,天神,囲(かこい),さらには最下位の端(はし)女郎にまで落ちぶれて年季を終える。以後,寺の梵妻(だいこく),女祐筆,腰元,歌比丘尼(うたびくに),髪結,お物師,茶屋女,小唄の師匠,扇屋の女房,蓮葉女,私娼,惣嫁(そうか)等々,当時の女性がつくことのできるほとんどすべての職業にたずさわりつつ,好色遍歴を続ける。
引用元: 好色一代女(こうしょくいちだいおんな)とは – コトバンク.

好色一代女
井原 西鶴
横山 重 校訂
由緒ある家に生まれ,容姿・才芸にひいでた主人公は,大内に宮仕えする身から,最後,大坂玉造で巷を徘徊する惣嫁にまで落ちぶれてしまった.作者(一六四二‐九三)は,一人の女の遍歴するさまざまの売色的職業を描写することによって,元禄期の社会,そしてその中を生き抜いた女たちの実像に迫ろうとする.
引用元: 好色一代女.