カジミェシュ ポーランド王 50ズウォティ紙幣に肖像あり 「カシミール大王」

086NoMtYscjVH
「カシミール大王」とも呼ばれた
14世紀のポーランド王
カジミェシュ
Kazimierz III Wielki

カジミェシュ3世ヴィエルキ(Kazimierz III Wielki、1310年4月30日 – 1370年11月5日)は、ポーランド王(在位:1333年 – 1370年)。大王(Wielki)の異称で呼ばれる。ヴワディスワフ1世(短身王)の3男で、母はヴィエルコポルスカ公ボレスワフ(敬虔公)の娘ヤドヴィガ。
現在ポーランドで発行されている50ズウォティ紙幣の、表面側の肖像に採用されている。
>カジミェシュ3世は軍事・外交・内政のいずれにおいても大きな成功を収めたため、「カジミェシュ大王」とも称され、また弱小農民を手厚く保護するなどの善政を敷いた経緯から「カジミェシュ農民王」と称されることもある。カジミェシュ3世の時代、ポーランド国王の王権は安定し、国家は整備されて大国に成長したのである。史書においては、カジミェシュ3世のことを、「木造のポーランドに現れて、煉瓦のポーランドを残して去った」と賞賛している。
引用元: カジミェシュ3世 (ポーランド王) – Wikipedia

50ズウォティ札

50ズウォティ札は青のグラデーションでまとめられています。サイズは132 x 66 mm。表側の中央には、14世紀にポーランドを統治した大王、カジミエシュ3世 (Kazimierz III Wielki)の肖像画があります。裏側中央にはカジミエシュ3世の印章の鷲、そして宝珠と王笏の絵が描かれています。
 引用元: ポーランドの紙幣 | Japoland

カジミェシュ(ポーランド語: Kazimierz)は、ポーランド系の男性名。異形にカミルがある。カシミール、カジミール (曖昧さ回避)、カミーユ、カミッロなどに対応する。
引用元: カジミェシュ – Wikipedia