「ワイナミョイネン」フィンランド叙事詩『カレワラ』主人公

035tQbecFXJBd
フィンランドの民族叙事詩
『カレワラ』に登場する
主人公の名前は?
ョワンイミイネナ
ワイナミョイネン(答)
Väinämöinen

108jVeEiRKZOo
著書『デ・レ・メタリカ』で
知られる「鉱物学の父」は?
アグリコラ
引用元: 『デ・レ・メタリカ』De re metallica アグリコラの冶金技術書「鉱山学の父」 三枝博音(さいぐさひろと)の翻訳 | わかればいいのに I wish I knew.

ワイナミョイネン(Väinämöinen)はフィンランドの民間伝承と国民的叙事詩カレワラの主要な登場人物である。元々はフィンランドの神であった。彼は年老いた賢者で、強力な魔力を秘めた声の持ち主として描かれている。
>ワイナミョイネンが文献に初めて登場するのは1551年にミカエル・アグリコラが作成したハメ(Häme)の神々の一覧である。アグリコラや他の作家はワイナミョイネンを魔法と歌と詩の神と記述している。
引用元: ワイナミョイネン – Wikipedia.

『カレワラ』(『カレヴァラ』) (Kalevala) はフィンランドの民族叙事詩。19世紀に医師エリアス・リョンロート(Elias Lönnrot, 1802年4月9日 – 1884年3月19日)によって民間説話からまとめられた。フィンランド語の文学のうち最も重要なもののうちの一つで、フィンランドを最終的に1917年のロシア帝国からの独立に導くのに多大な刺激を与えたとされている。名称は「英雄の地」の意。
リョンロートによる『カレワラ』は、1835年に2巻32章からなる叙事詩として出版され、当時の知識人階級に大きな衝撃を与えた。その後、それを増補し、1849年には全50章からなる最終版として出版した。
フィンランドの作曲家、特にジャン・シベリウスなどは、『カレワラ』に影響を受けた音楽を多数作曲している。
引用元: カレワラ – Wikipedia.