「清輝」せいき 欧州へ初遠征した国産軍艦

107pjTlgfQbFY
明治維新後に初めて作られた
国産軍艦で、日本海軍の艦船
として初めてヨーロッパへの
遠征を果たしたのは?
国輝
正華
栄金
清輝(答)
せいき


針仕事』『読書』『湖畔』『プレハの少女』などの代表作がある、東京美術学校教授も務めた明治大学の洋画家は?
黒田清輝(答)
くろだせいき


黒田清輝の名画「湖畔」で浴衣を着ている女性がたたずんでいるのは何湖のほとり?
芦ノ湖(答)

清輝(せいき)は、日本海軍の軍艦。明治維新後の初めての国産軍艦として横須賀造船所で建造された。また日本艦船として初めてヨーロッパへ遠征したことでも特筆すべき艦である。
引用元: 清輝 – Wikipedia.

黒田 清輝(くろだ せいき、1866年8月9日(慶応2年6月29日) – 1924年(大正13年)7月15日)は、日本の洋画家、政治家。位階は従三位。勲等は勲二等。爵位は子爵。通称は新太郎(しんたろう)。名の清輝は、本名は「きよてる」と読むが、画名は「せいき」と読む。教え子からは「メートル(先生)」(maître)とフランス語で呼ばれた。
東京美術学校教授、帝国美術院院長(第2代)、貴族院議員などを歴任した。
>湖畔(1897年、黒田記念館、重要文化財) – モデルは友人の画家安藤仲太郎が紹介した芸者で、当時23歳の金子種子。のちに清輝の妻となり照子と改名した。縦69cm×横84.7cm。描かれた地点は、箱根芦ノ湖の観光船の乗り場や箱根駅伝スタート地点のすぐ近くである。
引用元: 黒田清輝 – Wikipedia.