クレメンス・「メッケル」 陸軍大学校教官 陸軍近代化に尽力

108pkHkwGJXTg
1885年に陸軍大学校の教官として
来日し、日本陸軍兵制の近代化に
尽力したドイツ帝国の軍人は
クレメンス・◯◯◯◯?
メラトク
フーケス
エッイン
メッケル(答)
「クレメンス・メッケル」
Klemens Wilhelm Jacob Meckel

クレメンス・ヴィルヘルム・ヤーコプ・メッケル(Klemens Wilhelm Jacob Meckel、1842年3月28日 – 1906年7月5日)は明治初期、日本陸軍兵制の近代化に貢献し基礎を作ったドイツ帝国の軍人である。
>日本陸軍はメッケルを陸軍大学校教官に任じ、参謀将校の養成を任せた。メッケル着任前の日本ではフランス式の兵制を範としていたが、桂太郎、川上操六、児玉源太郎らの「臨時陸軍制度審査委員会」がメッケルを顧問として改革を進め、ドイツ式の兵制を導入した。陸軍大学校での教育は徹底しており、彼が教鞭を取った最初の1期生で卒業できたのは、東条英教(東条英機の父)や秋山好古などわずか半数の10人という厳しいものであった。その一方で、兵学講義の聴講を生徒だけでなく希望する者にも許したので、陸軍大学校長であった児玉源太郎を始めさまざまな階級の軍人が熱心に彼の講義を聴講した。
引用元: クレメンス・ウィルヘルム・ヤコブ・メッケル – Wikipedia.