「烽」とぶひ 古代の「のろし」設備

109cILyRakLrp
664年に対馬・壱岐などに防人と
ともに設置された狼煙の一種

とぶひ(答)

「ほう」だと不正解のようです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

とぶひ

古代、外敵の侵入などの事態を急報するための「のろし」をあげる設備。烽(ふう)、烽火(ほうか)、烽燧(ほうすい)ともいう。中国の制に倣ったもの。『日本書紀』継体(けいたい)天皇8年3月条に、伴跛(はひ)国(任那(みまな))が烽候邸閣(とぶひうかみのや)を置いて日本の侵入に備えたという。日本では、天智(てんじ)天皇3年(664)是歳(ことし)条に、対馬(つしま)、壱岐(いき)両島、筑紫(つくし)国などに防人(さきもり)と烽とを置き、また筑紫に大堤を築いて水を蓄えて水城(みずき)としたとある。796年(延暦15)男山(山城(やましろ)国)の烽が有名無実となっていたため山城・河内(かわち)両国境辺に烽を置かせた。烽は原則として40里(約21キロ)ごとに置かれ、長2人、烽子4人が交代勤務した。燃やす火炬(かこ)(松明(たいまつ))は、葦(あし)で芯(しん)をつくり、草でくくり、その周りに松明を差し込む。昼は煙を放ち、夜は火を放つ。鎌倉時代元寇(げんこう)の際にも、幕府は壱岐、大島、筑前(ちくぜん)の間に烽を設けて備えた。[田名網宏]
引用元: 烽(ホウ)とは – コトバンク.

大辞林 第三版の解説
ほう【烽】

律令制で,変事の急報のために設けた設備。また,その合図の煙や火。約20キロメートルごとに設置し,烽長と烽子を置いた。799年,大宰府管内を除いて廃止。とぶひ。
引用元: 烽(ホウ)とは – コトバンク.