「マウルブロン」修道院 ヘルマン・ヘッセ『車輪の下』の舞台

012AWHxDyTMSG
ヘルマン・ヘッセの小説
『車輪の下』の舞台となった
ドイツにある世界遺産は
◯◯◯◯◯◯修道院?
ウマブルロン
マウルブロン(答)
「マウルブロン修道院」
Maulbronn Monastery Complex

マウルブロン修道院は、ドイツのバーデン=ヴュルテンベルク州に残る中世の修道院である。ヨーロッパに残る中世のシトー会修道院の中でも、付属する建造物群も含めた総体が、最もよく保存されている。マウルブロンの町外れにあるが、町とは城壁で隔絶されている。
>ヘッセとマウルブロン[編集]
この修道院は、ノーベル文学賞受賞作家ヘルマン・ヘッセの自伝的な小説『車輪の下』の舞台としても知られている。『車輪の下』では主人公ハンスがマウルブロン修道院に併設されていた神学校に通うが、ヘッセ自身、マウルブロンの神学校に通っていた時期があった。
マウルブロン修道院は、ヘッセの他の作品にも垣間見える。『ナルチスとゴルトムント』(日本では『知と愛』という訳題でも出版された)には「マリアブロン修道院」という変名で出てくるし、『ガラス玉演戯』に出てくる宗教団体もマウルブロンを暗示したものとも指摘されている[1]。
引用元: マウルブロン修道院 – Wikipedia.

ドイツ南部の丘陵地帯に、12世紀に建てられたマウルブロン修道院がたたずんでいます。この修道院はカトリックの中でも特に厳格な戒律をもつシトー会の人々が自らの手で建てたもので、宗教改革で16世紀に閉鎖された後も解体されず保存された希少な宗教建築物です。後にヘルマン・ヘッセの自伝的小説「車輪の下」の舞台にもなりました。
引用元: NHK世界遺産 | 世界遺産ライブラリー  [マウルブロンの修道院群].

誇りと喜びにあふれて首都の神学校に入学したハンスがそこで見いだしたものは,詰めこみ主義の教育と規則ずくめの寄宿舎生活であり,多感で反抗的な友人の放校であった.疲れ果てて父の家に戻った彼は機械工として再び人生を始めようとするが…….重い「車輪の下」にあえなく傷つく少年の魂を描くヘッセの永遠の青春小説.
引用元: 車輪の下.

『車輪の下』(しゃりんのした、独語:UNTERM RAD)は、ヘルマン・ヘッセの長編小説。1905年に発表された。なお、邦訳本によっては『車輪の下に』や『車輪の下で』と題するものもある。
周りの人々から期待され、その期待に踏み潰されてしまった少年の姿を描く自伝的小説。日本では、ヘッセの作品の中で最も有名な作品である。題名の「車輪」は、主人公の少年を押しつぶす社会の仕組みを表現している。
引用元: 車輪の下 – Wikipedia.