『ジュニエ爺さんの二輪馬車』オランジュリー美術館 アンリ・ルソー 『ゴリオ爺さん』バルザック『タンギー爺さん』ゴッホ

327HMaNXwaSra
オランジュリー美術館が所蔵
しているフランスの画家
アンリ・ルソーの代表作は
『◯◯◯◯爺さんの二輪馬車』?
アュワンエ
ミガバニジ
ジュニエ(答)
『ジュニエ爺さんの二輪馬車』
Old Man Junier’s Trap

old-man-junier-s-trap-1908.jpg!Blog
引用元: Old Man Junier's Trap – Henri Rousseau – WikiArt.org.

CIMG2862AgwuTFJjoSqY
次のうち、フランスの小説家
フローベールの小説を
全て選びなさい
○『サランボー』
×『ゴリオ爺さん』 バルザック
×『ダロウェイ夫人』 ヴァージニア・ウルフ

○『ボヴァリー夫人』
×『クレーヴの奥方』 ラファイエット夫人
×『パルムの僧院』 スタンダール
×『谷間の百合』 バルザック

今日の一枚は、アンリ・ルソー作『ジュニエ爺さんの馬車』。偉大なる日曜画家と呼ばれた男が描いた集団肖像画です。
縦97センチ、横129センチの油彩画で、のどかな休日の昼下がりに、ジュニエ爺さんとその家族、そしてルソー本人が新しい馬車で出かける様子が描かれています。白い雲に青い空、清々しい木々の緑、目の覚めるような車輪の赤と、鮮やかな色彩が一家の弾む心を見事に表しています。しかし、この絵には少し変な所があります。人々はまるで置物のように、皆一様に体を正面に向けています。車軸は車輪と繋がっていません。また、馬の前を歩く黒い犬は驚くほど小さく描かれています。
引用元: KIRIN~美の巨人たち~.

アンリ・ジュリアン・フェリックス・ルソー(Henri Julien Félix Rousseau、1844年5月21日 – 1910年9月2日)は、19世紀~20世紀フランスの素朴派の画家。
20数年間、パリ市の税関の職員を務め、仕事の余暇に絵を描いていた「日曜画家」であったことから「ル・ドゥアニエ」(税関吏)の通称で知られる。ただし、ルソーの代表作の大部分は彼が税関を退職した後の50歳代に描かれている。
>ルソーの作品は、画家の生前はアポリネール、ゴーギャン、ピカソなど少数の理解者によって評価されたのみであった。ルソーの年譜に必ず登場するエピソードとして、1908年、ピカソ、アポリネールらが中心となって、パリの「洗濯船」(バトー・ラヴォワール)で「アンリ・ルソーの夕べ」という会を開いたことが挙げられる。これは、からかい半分の会だったとも言われるが、多くの画家や詩人がルソーを囲んで集まり、彼を称える詩が披露されたのだった。
日本でも早くからその作風は紹介され、藤田嗣治、岡鹿之助、加山又造など多くの画家に影響を与えた。
>代表作[編集]
私自身:肖像=風景(1890年)(プラハ国立美術館)
戦争(1894年)(オルセー美術館)
眠るジプシー女(1897年)(ニューヨーク近代美術館)
蛇使いの女(1907年)(オルセー美術館)
ジュニエ爺さんの二輪馬車(1908年)(オランジュリー美術館)
引用元: アンリ・ルソー – Wikipedia.