森鴎外の小説『堺事件』『阿部一族』『山椒大夫』 『うたかたの記』 『高瀬舟』 『ヰタ・セクスアリス』

011mzVEmeHuNT
次のうち
森鴎外の小説を
全て選びなさい
『堺事件』(答)
『風流仏』 幸田露伴
『阿部一族』(答)

029ifxaIiakcv
森鴎外の小説
作者の半自伝的作品
主人公は金井湛
ラテン語で「性生活」
『山椒大夫』
『うたかたの記』
『高瀬舟』
『ヰタ・セクスアリス』

森 鷗外(もり おうがい、1862年2月17日(文久2年1月19日) – 1922年(大正11年)7月9日)は、日本の明治・大正期の小説家、評論家、翻訳家、陸軍軍医(軍医総監=中将相当)、官僚(高等官一等)。位階勲等は従二位・勲一等・功三級・医学博士・文学博士。本名は森 林太郎(もり りんたろう)。
石見国津和野(現・島根県津和野町)出身。東京大学医学部[1]卒業。
大学卒業後、陸軍軍医になり、陸軍省派遣留学生としてドイツで4年過ごした。帰国後、訳詩編「於母影」、小説「舞姫」、翻訳「即興詩人」を発表する一方、同人たちと文芸雑誌『しがらみ草紙』を創刊して文筆活動に入った。その後、日清戦争出征や小倉転勤などにより、一時期創作活動から遠ざかったものの、『スバル』創刊後に「ヰタ・セクスアリス」「雁」などを発表。乃木希典の殉死に影響されて「興津弥五右衛門の遺書」を発表後、「阿部一族」「高瀬舟」など歴史小説や史伝「澁江抽斎」等も執筆した。
>酒は飲めず、大の甘党だった。あんパンや「消毒してあって、滋養に富んでいる」焼き芋が好物であった[88]。娘(茉莉・杏奴)の著書によると「饅頭の茶漬け」を好んで食べていた。あんこが好きで、汁粉も飲んだ。木村屋のあんぱんも好物だった。宮中のデザートで出されたキャラメルやチョコレートなどをそっと軍服に隠し入れて、子どもたちへの土産にすることもあった。
引用元: 森鴎外 – Wikipedia.

作家別作品リスト:No.129

作家名: 森 鴎外
作家名読み: もり おうがい
引用元: 作家別作品リスト:森 鴎外.

『阿部一族』は殉死の問題を取り扱った作品で,封建制のもとでの武士道の意地が,人間性をぎりぎりにまで圧迫して,ついにはその破滅に至らせる経緯を,簡潔な迫力ある筆で描いた歴史小説の傑作.他に鴎外の初期歴史小説の代表作『興津弥五右衛門の遺書』『佐橋甚五郎』の二編を収める. (解説 斎藤茂吉)
引用元: BookWebPro 和書検索.

乃木希典将軍の殉死をきっかけに武士道に興味を持ち、歴史小説に挑んだ明治の文豪・森鴎外。
本書は、殉死をめぐる悲劇に迫る『阿部一族』のほか、父の敵を求めて全国を行脚する旅の苛酷さを描いた『護持院原の敵討』、主君のためには切腹も厭わない武士たちの姿をリアルなタッチで描ききった『堺事件』など傑作7篇を収録。
意地と忠義に貫かれた本物の「武士道」の真髄に迫る。
引用元: BookWebPro 和書検索.