松尾芭蕉「象潟や雨に西施が 合歓の花」 秋田県

543XxEJeYyIFO
松尾芭蕉が「象潟や雨に西施が
合歓の花」と詠んだのは何県?
秋田県

象潟(きさかた)は、秋田県にかほ市象潟地域の地形である。現在は平地だがかつては潟湖で、それを象「潟」と呼んだ。
国の天然記念物で、鳥海国定公園の指定地。
>江戸時代までは、九十九島・八十八潟が景勝地となり、「東の松島 西の象潟」と呼ばれ、松尾芭蕉の『奥の細道』(1689年)でも
松島は笑ふが如く、象潟は憾(うら)むが如し
と評され、
象潟や雨に西施がねぶの花
と詠まれた。
>引用元: 象潟 – Wikipedia

「象潟や雨に西施(せいし)がねぶの花」
出典奥の細道 象潟・芭蕉(ばせう)
[訳] 象潟が雨に煙っている。それは雨にぬれるねむの花のような沈んだ哀感があり、ちょうどかの美女の西施が憂いに眼(まなこ)を閉じているような風情であるよ。

鑑賞ねむの葉が夜や雨のときに閉じるところから、「ねぶの花」に「ねぶる(眠る)」をかけている。「西施」は、中国の春秋時代、越王勾践(こうせん)が呉王夫差(ふさ)に献じた美女で、胸を病み、苦しげに眉(まゆ)をひそめる姿の美しさで有名。
引用元: きさかたやの意味 – 古文辞書 – Weblio古語辞典

iFHFWl8SZ4Ih
『奥の細道』に収められた
松尾芭蕉の有名な句は
「象潟や ◯◯◯◯◯
ねぶの花」?
→雨に西施が
「象潟(きさかた)や 雨に西施(せいし)が 合歓(ねぶ)の花」

CIMG1478
松尾芭蕉が『奥の細道』で
「笑ふが如く」記した
東北の地名は○○?
○の漢字をひらがなで答えなさい
まつしま
松島

047cnKzoeNyLa
次の画像を順に選んで
考えもなしに、優れた人の
言動を真似することを表す
言葉にしなさい
(画像選択肢)
Dの画像   元素記号Asヒ素「ひそ」
Bの画像   ミニスカート「みに」
Cの画層   奈良県「なら」
Aの画像   鵜「う」
「顰に倣う」

せいしのひそみにならう【西施の顰みに倣う】
 
〔西施が胸を病み,胸をかかえて顔をしかめるのを見た醜女が,自分もそのしぐさを真似れば美しく見えると思って顔をしかめたところ,人が気味悪がったという「荘子天運」の寓話から〕
むやみに人の真似をして物笑いとなること。また,人の真似をしたものであることを謙遜していう場合に使う。西施捧心(ほうしん)。単に「顰みに倣う」とも。
引用元: 西施の顰みに倣う とは – コトバンク