石山本願寺 1570「石山合戦」の舞台 織田信長と浄土真宗本願寺勢力

084qtYkjafHat
1570年に始まる石山合戦の
舞台となったのは
石山寺である
×(答)

1570年に始まる石山合戦の
舞台となったのは
石山本願寺である
◯(答)

石山合戦(いしやまがっせん)は、元亀元年9月12日(1570年10月11日)から天正8年8月2日(1580年9月10日)にかけて行われた浄土真宗本願寺勢力(一向宗)と織田信長との戦い。本願寺法主の顕如が石山本願寺に篭って戦ったことから石山合戦と言われる。石山戦争ともいう。
>戦国時代最大の宗教的武装勢力である本願寺勢力と、天下布武を目指す織田信長との軍事的・政治的決戦であり、石山合戦の終結と同時に各地の一向一揆はその勢いを著しく失った。また、江戸時代に本願寺勢力が分裂する遠因ともなった。
引用元: 石山合戦 – Wikipedia.

いしやま‐ほんがんじ〔‐ホングワンジ〕【石山本願寺】

現在の大阪城本丸の場所にあった浄土真宗の本山。現在は廃寺。明応5年(1496)蓮如が建立したのに始まり、天文元年(1532)山科本願寺が焼かれてのち証如がここを本願寺とした。織田信長と対立し、天正8年(1580)降伏。退去の際に焼失。石山御堂。石山御坊。
引用元: 石山本願寺(イシヤマホンガンジ)とは – コトバンク.

石山寺(いしやまでら)は、滋賀県大津市石山寺1丁目にある東寺真言宗の寺。本尊は如意輪観音、開基(創立者)は良弁。当寺は京都の清水寺や奈良県の長谷寺と並ぶ、日本でも有数の観音霊場であり、西国三十三所観音霊場第13番札所となっている。また当寺は『蜻蛉日記』『更級日記』『枕草子』などの文学作品にも登場し、『源氏物語』の作者紫式部は石山寺参篭の折に物語の着想を得たとする伝承がある。「近江八景」の1つ「石山秋月」でも知られる。
引用元: 石山寺 – Wikipedia.