ドナト・「ブラマンテ」『サン・ピエトロ大聖堂』建築主任 ドナト・「ドナテルロ」彫刻家『ガッタメラータ将軍騎馬像』 「ペトロ」初代ローマ教皇「リヌス」第2代

311rOuovuJ
本名をエラズモ・ダ・ナルニという
15世紀にベネチア共和国で活躍した
軍人で、ドナテルロによる
ブロンズの騎馬像で有名なのは?
メッタタラガー
ガッタメラータ(答)


イタリアのパドヴァにある『ガッタメラータ将軍騎馬像』で有名な、ルネサンス期に活躍した彫刻家は?
ドナテルロ
443px-Gattamelata
引用元: ファイル:Gattamelata.jpg – Wikipedia.

082GNJhiygxzY
バチカンにあるサン・ピエトロ
大聖堂の建築主任を務めた
ルネサンス期のイタリアの
建築科はドナト・◯◯◯◯◯?
テンブマド
ロルナサラ
ブラマンテ(答)
「ドナト・ブラマンテ」

3113ff590764a471e464bd26e70b809d_s
引用元: サン・ピエトロ大聖堂1|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK.

CIMG2801vRsEAsjAtHNZ
CIMG2802tVjWBNqBXkFb
カトリック教会における
初代ローマ教皇は
聖ペトロですが

第2代ローマ教皇は
聖○○○?
ロピペヌ
ウリトス
→リヌス

エラズモ・ダ・ナルニ(Erasmo da Narni, 1370年 – 1443年1月16日)、通称ガッタメラータ(Gattamelata、トラ猫の意)は、非常に有名な傭兵および傭兵隊長(コンドッティエーレ)。
>ルネサンスに活躍した彫刻家ドナテッロが彼の軍功に対し作成したブロンズの騎馬像『ガッタメラータ将軍騎馬像(Equestrian Statue of Gattamelata)』で有名で、パドヴァのバジリカ・デル・サントの近くにある。
引用元:ガッタメラータ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AC%E3%83%83%E3%82%BF%E3%83%A1%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%82%BF

ガッタメラータ騎馬像
ガッタメラータきばぞう
Monumento di Gattamelata

イタリア,パドバのピアッツァ・デル・サントに立つ傭兵隊長エラスモ・ダ・ナルニ将軍の記念像。ガッタメラータ (斑猫〈ぶちねこ〉,老獪〈ろうかい〉の意) はナルニ将軍のあだ名。古代ローマの『マルクス・アウレリウス帝騎馬像』以来,ルネサンス期最初の青銅騎馬像の傑作で,1447年,市政府より委嘱されたドナテロは,荘重な建築的構成のうちに人馬一体の威容あふれる勇姿,像と台座のみごとなバランス,馬上の将軍の鋭い性格刻出をみせ,自然観察によるきびしいリアリズムの頂点を示した。
引用元:ガッタメラータ騎馬像(ガッタメラータきばぞう)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%82%AC%E3%83%83%E3%82%BF%E3%83%A1%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%82%BF%E9%A8%8E%E9%A6%AC%E5%83%8F-45287

ドナト・ブラマンテ(Donato Bramante,1444年頃-1514年3月11日)はイタリアの盛期ルネサンスを代表する建築家。ローマ建築を再構成して記念性を持った古典様式を創出し、以後の古典主義建築に絶大なる影響力を及ぼした。アンドレーア・パッラーディオをして「優れた建築を生んだ最初の建築家」と言わしめ、またセバスティアーノ・セルリオは、彼を「古代の建築を蘇らせた人物」と評した。
>1503年、教皇ユリウス2世に任じられて、サン・ピエトロ大聖堂の建築主任となり、同時にヴァティカーノ宮殿(バチカン宮殿)の拡張に着手する。彼はコルティレ・デル・ベルヴェデーレの計画を立案するが、これは今日、コルティレ・ディ・サン・ダマッソの中に埋没してしまっている。ブラマンテがサン・ピエトロ大聖堂の平面をどの程度まで進めていたかについては、いくつかの資料から推察されているが、復元されたプランでは構造的な欠陥がみとめられ、ブラマンテがこれをいかなる手段で解決しようとしていたかについては何も分かっていない。
引用元: ドナト・ブラマンテ – Wikipedia.

サン・ピエトロ大聖堂(サンピエトロだいせいどう、イタリア語:Basilica di San Pietro in Vaticano)は、バチカン市国南東端にあるカトリック教会の総本山。サン・ピエトロは「聖ペトロ」の意で、キリスト教の使徒ペトロ(ペテロ)のイタリア語読みに由来する。サン・ピエトロ大寺院、聖ペテロ大聖堂、セント‐ピーター寺院などと表記されることもある。
カトリック教会の伝承によれば、サン・ピエトロ大聖堂はもともと使徒ペトロの墓所を祀る聖堂とされ、キリスト教の教会建築としては世界最大級の大きさを誇る。床面積2万3,000m²。北に隣接してローマ教皇の住むバチカン宮殿、バチカン美術館などがあり、国全体が『バチカン市国』としてユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されている。
引用元: サン・ピエトロ大聖堂 – Wikipedia.

ドナテッロ(伊: Donatello、 1386年頃 – 1466年12月13日)は、ルネサンス初期のイタリア人芸術家、彫刻家。フィレンツェ共和国出身で、出生名はドナート・ディ・ニッコロ・ディ・ベット・バルディ (伊: Donato di Niccolò di Betto Bardi)。日本ではドナテルロと表記する場合もある。ドナテッロは立像や浅彫のレリーフを制作した彫刻家として有名だが、透視図法を使用した錯視的表現の発展にも寄与した、15世紀でも最重要な芸術家のひとりである。
>1443年にドナテッロは、有名な傭兵でヴェネツィア軍総司令官も勤めて同年1月に死去したガッタメラータの記念像を制作するために、ガッタメラータの遺産相続人からパトヴァに招かれた。サイズ 340 x 390 cm(台座のサイズは 780 x 410 cm[7])の『ガッタメラータ騎馬像』は、ルネサンス期に制作された最初の騎馬彫刻像であるとともに、壮大な古代の騎馬彫刻像を復活させた最初の作品である[8][9]。そしてこの作品は、その後数世紀にわたって、功のあった軍人を顕彰するために制作される騎馬像の原点、先例といえる存在となっていった[7]。
引用元: ドナテッロ – Wikipedia.

リヌス(Linus、? – 78年?)は、使徒ペトロの後を継いだ第2代ローマ教皇(在位:66年? – 78年?)。キリスト教の伝統的教会では聖人である。
初期の教皇については伝承も多く残されていない上、そもそも歴史的にそれを裏付けるものがない。リヌスもその一人だが、テルトゥリアヌスによればペトロの後継者はクレメンス1世であったという。ただ、エウセビオスなどそれ以外の初代教会について記した史家たちは全て、ペトロの後継者としてリヌスの名前を挙げている。多くの資料はリヌスがペトロの後を継いだ年を67年としているが、推測の域を出ていない。
引用元: リヌス (ローマ教皇) – Wikipedia.