「ピンチョス」スペインの軽食『串』

011lwFxSGijHY
食材を爪楊枝などでパンに刺して
留めることから、スペイン語で
「串」という意味がある
簡単なスペイン料理は?
ピペンチド
スョーカラ
→ピンチョス

スロット
タパス料理で小さな陶器に入れて出されることが多い、魚介類やキノコを、にんにくやオリーブ油と共に煮込んだスペイン料理は?
アヒージョ(答)

連想
タパス
ピンチョス
ガスパチョ
パエーリャ
スペイン(答)

ピンチョス(単数形はピンチョ 西: pincho、バスク語: pintxo、「串」の意)は、小さく切ったパンに少量の食べ物がのせられた軽食のことである。名称はかつては食材を串や楊枝でパンに刺して留めていたことに由来しているが、串や楊枝を用いないものもピンチョ(ス)と呼ばれる。タパの一種であり、現在はタパの同義語としてもつかわれる。
>スペインにおけるピンチョス[編集]
ピンチョスは、チキート(txikito)と呼ばれる赤ワインまたはスリート(zurito)と呼ばれるビールとともに楽しむアペタイザーである。バスク州、カンタブリア州、ナバーラ州、ラ・リオハ州、ブルゴス県のミランダ・デ・エブロ市といったスペインの北部のバルでよく見かける食べ物である。
引用元: ピンチョス – Wikipedia.

タパスまたはタパ(スペイン語単数形 Tapa)とは、スペイン料理の様々なアペタイザーである。冷製料理(オリーブとチーズ混ぜ合わせ等)または温製料理(小イカフライ等)がある。
タパスは小皿料理なので、会話をしながら食事をするのに向いている。また、タパスを立食とする習慣がある国もある。スペインではバルによって無料で出すところもあり、店によって、さまざまなものがある。
引用元: タパス – Wikipedia.